FC2ブログ

カヤクグリ@茨城


カヤクグリ
スズメ目イワヒバリ科
体長14cm
撮影 2012.12.16 茨城県

カヤクグリは典型的な高山鳥で、標高3000m級のハイマツ帯で繁殖する。
冬は低地に移動するので、このような低山でも観察出来る。

ここは標高350mほどの山の中腹。
長野県あたりでは、この程度では山とは呼ばないかも知れないが、ここから海まで約35kmほどの大地はほとんど平らなので、意外なほどの眺望が得られる場所である。

とにかく山のあちこちでカヤクグリの声がする。
本来こんなにいるはずの鳥ではない。
山に餌が少ないので、かなりの数が里に下りて来ているのだろう。それは他の鳥にも言えることで、今年は高山帯~亜高山帯で繁殖する鳥たちが非常に賑やかである。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カヤククリ まだ見たことがありません。

我が家の周りでは(標高400ちょいくらいですが) 全体的な印象として 小さなものが少なく 普段は余り姿を見たい 中型の物の姿が今年は多い気がします。昨日は アオゲラとカケスの餌場争いを見ました。普段見るはずのメジロなどは いても 小さな蒸れのようです。
まぁ 自宅から数分走れば 標高はひくくなるので 街の中 から田園に小さなものが居るような気がします。

☆彡

No title

カヤクグリの枝どまりは、珍しいですね。
私は下に降りて採餌している姿しか見た事がないです。
夏場はそんなに標高の高いところまで上がるのですね。
それでは見られるところは限られそうです。
夏にも見てみたいものです。 ナイス!

No title

カヤクグリまでが下りてくるとは山はかなりのエサ不足なんでしょうね。
それに、枝に止まっているのも珍しいですね。
カヤクグリというと山の中の地面をちょこちょこ歩き回っているイメージがあります。
ナイス!

No title

紙風船さん、ありがとうございます。
カヤクグリは、長野県では夏の高山で見られる鳥ですね。
こちらには高い山がないので、冬にこういう場所で見られることがあります。
ここではよく見られる場所なのですが、今年は多いようです。

No title

野鳥太郎さん、ありがとうございます。
本来、夏の高山で見る鳥という印象を持っているので、特に冬に探すことはしません。
この場所では今年は多いようです。

No title

コゲラさん、ありがとうございます。
人によって色々なイメージがあるようです。
私などは、ハイマツの天辺で囀る鳥、というイメージを持っています。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア