FC2ブログ

セグロとオオセグロ

撮影 2012.11.24 千葉県銚子市

「ゴメが鳴くから鰊が来る」とは、北原ミレイの「石狩挽歌」の一節だが、「ゴメ」と言うのは北海道地方の方言で、カモメ一般(あるいはウミネコ)のことを指す。
もともとカモメの語源は、幼鳥の背に出る籠型の模様から、籠目→カゴメ→カモメ に変化したという説が一般的である。
 カゴメ→カモメ
 カゴメ→ゴメ
というのは納得できるのだが、カモメの語源が幼鳥の背の模様というのは、今ひとつ納得できないのだが。

冒頭の歌にもあるように、漁師とカモメの関係は深い。
漁があると、カモメがたくさん群がって来る。
漁のない日はカモメも少ない。
だから、なるべくなら日曜日は避けるようにしている。



漁港に群がるセグロカモメとオオセグロカモメの群れ。
中にウミネコが4羽ほどいる。




中央にセグロカモメの幼羽。
この、背の模様が「カゴメ」の由来とされるが。
右はオオセグロカモメの第1回冬羽。左はウミネコの幼羽。

セグロとオオセグロの大きさは個体差が大きく、普通はこの2羽ほどわかりやすくはない。小さなオオセグロと大きなセグロでは逆転する。




セグロカモメ成鳥




オオセグロカモメ第4回冬羽
目の周囲が落ち窪んでいるせいで、ちょっと怖い顔つきに見える。




セグロカモメ第1回冬羽




オオセグロカモメ第1回冬羽
この2枚で、初列風切のパターン(淡色と暗色の)違いがわかると思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石狩り挽歌すごく好きです。北海道旅行の時にゴメはカモメ類一般の事って聞いた始めて意味が分りました。(^^ゞ

No title

カモメの仲間も色々ですよねぇ^^
ユリカモメの顔つきは、チョッピリとおっとりして居るように想えるのですが・・
群れている様子を見ると、気性は、かなり強そうに感じます。
野に居きる魂が、そうさせているのでしょうね。

No title

石狩り挽歌はいいですね!今年もカモメの仲間がやってきましたね。こちらの相模川では、毎年工事が続いてここ2,3年まともにカモメを観察できてません。今は津波対策で大掛かりな工事が始まってしまいました。

No title

yasukoさん、ありがとうございます。
銚子ではイワシが定番ですが、カモメたちがイワシを満載したトラックに群がる光景がよく見られます。

No title

里よしさん、ありがとうございます。
カモメの仲間は結構気性が荒い感じはします。
ユリカモメも、見た目以上に強いですね。

No title

茅ヶ崎さん、ありがとうございます。
実は、銚子・波崎でも震災復旧の工事が各地で行われています。
今年は入れない場所が何か所かあるので、観察にはちょっと苦労するかも知れません。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア