FC2ブログ

クルマユリ&コオニユリ@湯の丸高原

撮影 2012.8.15 長野県湯ノ丸高原

浅間山の西に位置する湯ノ丸高原は、標高こそ2000mを少し超えたぐらいの山域ですが、その標高の割には高山性の植物が生育しています。
その地形的特徴により、昼夜の気温差、年間の気温差が大きいためか、本来なら3000m級の高山にしか生息しない植物が見られます。
その代表がコマクサで、この山域の一部にはコマクサの群落があることが知られています。
ただ、ここのコマクサは盗掘を防ぐために、かなり頑丈なフェンスで守られているので、撮影には向かないかと思います。(10年ぐらい前の記憶なので、現在の様子は不明)




高山植物の女王と言われるコマクサですが、もうひとつ、女王の風格を備えた花がクルマユリです。
コマクサの魅力のひとつは、その小ささにあると思いますが、クルマユリの魅力のひとつもその孤高の存在とともに、その小ささにあると思います。

実は私も、まさかここでクルマユリに出会えるとは思っていませんでした。
登山道からやや離れた場所に1株だけ。かなり撮影しにくく、この写真からはその美しさは伝わりません。
残念なことに、この周囲にはカメラマンが立ち入ったらしく、足元の植物が無残に踏みつけられていました。
確かにクルマユリを綺麗に撮りたいという気持ちはわかります。
でも、足元のハクサンフウロやツリガネニンジンなどの花は踏み潰しても平気なのだろうか。自分だけいい写真が撮れれば満足なのだろうか。

・・・・・・



こちらは、ほぼ同じ場所に咲いていたコオニユリ
高山植物のクルマユリと、高原の花コオニユリが同じ場所に咲いているというのも、ちょっと不思議な光景。

7月に行った霧ヶ峰では、以前はコオニユリは普通に見られたのですが、最近はシカの食害のせいか、多くの花が見られなくなってしまいました。
湯ノ丸高原ではまだそのようなことがないのか、多くの花が咲き誇っていました。







これはレンゲツツジで有名な湯ノ丸山登山道周辺に咲いていたコオニユリ
園芸植物のオニユリと似ていますが、ムカゴがつかないのがコオニユリとされています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

高原で見る車百合には感動しますね。コマクサもあるんですね。ナイス

No title

高原の植物がたくさんあって、とてもいい場所です。コマクサはほかのところの方がよさそうですが。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア