FC2ブログ

ムラサキサギか、アオサギの変異か、と言われている個体のことについて



このところウェブ上にある、ムラサキサギではないかと言われている不思議な個体のことに関して。

6/14付けの朝日新聞に、茨城県内の水田でムラサキサギが発見されたという記事が載っている。
5/27に発見されたもので、6月上旬に撮影された写真がウェブ上にいくつか見られる。

この個体に関しては、私も5/27に観察撮影しているので、ここに載せて見る。恐らく一番早い時期に撮影されたものだと思うので、ウェブ上のその後の写真と見比べると面白いかと思う。

一見してわかる通り、首から嘴にかけてひどく汚れたように見え、異様な印象を受ける個体である。
大きさはアオサギと同程度か、若干小さいようにも見える。(ウェブ上に、アオサギと並んだ写真や動画がある)
顔は汚れた感じに見えるが、嘴は黄色で先端は黒いように見える。
首の羽はベットリと糸状になっていて、銚子でよく見る油曝個体とは違うようだが、銚子でもこのように、何かに汚染されたと思われる個体は時々いる。


とにかく、不思議な個体なので、諸説が飛び交っている。
ただ、新聞にまで載ったということは、ある程度確認が取れているのだろうか。

■ムラサキサギの幼鳥説
成鳥に見えないので幼鳥というのかも知れないが、翼の色を見る限り幼鳥ではないと思う。幼鳥は灰色味がなく、全体的に褐色味が強いと言う。
図鑑に出ている第1回夏羽とも全然違う。

■アオサギの変異説
「変異」の定義はよくわからないが、変なアオサギという見方は同感。

■アオサギの汚染個体説
実際に見たときはそう感じた。なのであまり騒がなかったのである。今から考えればもっと追及すべきだったかも知れない。

■交雑種説
わからないものは何でも雑種と考えるのはどうかと思う。


シルエットはムラサキサギのような気もする。
首も長いし、嘴の長さもムラサキサギのように見える。
アオサギと並んだところを見ると、若干小さいようにも感じた。
足はムラサキサギの方が短いはずだが、特に短いようは見えない。

ウェブ上にある飛翔写真を見ると、初列小雨覆に赤褐色味があるようにも見える。(ムラサキサギの特徴)
これを根拠にムラサキサギであるという意見もあるようだが、写真によって見えるようでもあり、見えないようでもある。
だが、アオサギの特徴である、翼角部分の白斑ははっきりと見える。
また、飛翔写真を見ると、首を縮めて飛んでいる。
これはアオサギの飛び方で、ムラサキサギ特有の、首をダラーンと伸ばしたまま飛ぶ姿勢とは違う。
そう考えると、自分の意見としては残念ながらアオサギではないかと思う。
でも、明らかに変な個体である。
言われているように、何かの変異か、単なる汚染か?

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こういう固体が今話題になっているんですね。 知りませんでした。
確かに、汚れているような印象を受けます。
どうなのでしょうね。
サギの交雑種というのもいるのでしょうか? 聞いた事がないです。
ともかく興味深い固体ですね。
ぽちっ!

No title

なんだかワイルドな・・サギとい羽冠字に 最初パット見にかんじましたが・・見るとなんだかずぶぬれのよごれというか油かなにかついている? とおもったり・・・

papaさんが書かれてるようにアオサギに見えてkるけれど・・私には ミキわけもつくはずも無く 本人に聞いても答えてくれないだろうし・・


ぽち

No title

野鳥太郎さん、ありがとうございます。
自分としてはアオサギかな、と思っていますが、色々な意見があるようです。

No title

紙風船さん、ありがとうございます。
ムラサキサギと同定したという記事もありましたが、果たしてどうでしょうか。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア