FC2ブログ

カナダカモメの成長過程

前回、前々回にカナダカモメの成鳥として紹介した写真ですが、改めて氏原さんのウェブサイトを見てみると、2009年に第1回冬羽として観察され、その後継続して飛来している個体らしいということがわかりました。
とすれば、成鳥(5年目以降)ではなく、第4回冬羽ということになります。



同じ鳥の写真ばかりで恐縮ですが、一応別の写真です。
2012年2月26日撮影 千葉県銚子市銚子漁港


2009年の第1回冬羽は私も撮影し、ブログにも載せているので、ここに再掲します。



第1回冬羽
2009年3月28日撮影 同所


毎年飛来しているとすれば、第2回、第3回の写真も当然撮っているはずと思い、過去の写真を探して見ました。
顔の小さいスラッとした体形が特徴的で、比較的個体識別がしやすい個体だと思います。




同一個体と推定される第2回冬羽
2010年2月20日撮影 同所




同じく第3回冬羽
これは当時、第4回冬羽としてブログに載せたのですが、同一個体であれば第3回ということになります。
2011年2月24日撮影 同所

となると、前回書いた第3回冬羽の話が早くも怪しくなって来ましたが、一応個体差の範囲であると考えて、前回の個体は第3回としておきます。


これが全て同一個体であるかどうかはあくまでも推定の域を出ませんが、顔つきや体色の特徴、観察された場所も同じ、干潟で長時間餌を探し回る行動パターンも同じ傾向があり、同一個体であることは間違いないように思います。

この個体はカナダカモメの中でも特に識別しやすい個体なので、年齢がはっきりわかっている個体が今後毎年観察できる可能性があるということです。
大型カモメ類はかなり長生きすることが知られているので、不慮の事故などがなければ、今後10年以上に渡って観察できる可能性があります。

今回、過去の写真を探して見て、継続して観察することの面白さを再認識しました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当ですね。継続は力なりです。 さすがだと感心します。
同一固体だと、見分けられる目もたいしたものですが、この場所の環
境も良いのでしょうね。 毎年帰ってきてくれるから観察も出来ると
いうものです。
とても勉強になりました。 ぽちっ!

No title

ありがとうございます。
この鳥、意外と個体差が大きいので、顔つきなどで個体識別が可能なのかも知れません。
問題は、現地ではなかなか気づかないことです。
写真に撮って見比べて何とか、という感じですね。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア