FC2ブログ

震災8日目

1週間が過ぎた。
正直、1週間がこんなに長いとは知らなかった。

日曜日は定例の探鳥会の予定だったが中止。
21日は、本来ならば銚子でカモメの観察でもしたかったところだが、それどころではなくなった。
早く普通の生活に戻りたいと、切に願う。

・・・・・・

11日 午後2時56分
仕事相手に1本メールを打った直後。
かすかに揺れを感じたので、2日前に三陸沖で起きた地震の余震だろうと思った。
思えばあれは前震だったのだろうか。
あの時点で「近々巨大地震が起こる」と予知されたらどう行動できただろうか。
もし神様がそっと「M8の巨大地震が起こる」と教えてくれたら、私は家族を連れて九州まで逃げただろう。私は地震に対しては恐怖心が大きい、つまり地震が怖いのである。
しかし、「M9の超巨大地震が起こる」と言われたら信じなかっただろう。
実際、全く経験したことのない地震だった。
神戸で震災に会った人は、もっと凄まじい揺れを体験したのだろう。加速度や速度、振幅と言った数値では。
うまく言えないけれど、何か違う感じの恐怖だった。何かが崩壊したような。

仕事は放り出して、たまたま近所にいた娘のところに駆けつけた。
ちょうど15:15
大きな余震が発生した。
電柱が大きく揺れて傾き、道路には亀裂が走り、割れたアスファルト同士が衝突して盛り上がり、例えて言うと諏訪湖の御神渡りのようになった。
異様な光景を目の当たりにし、これはとんでもないことが起こっていると感じた。
私はその程度のことで動転していたが、その時間に東北地方の太平洋岸では信じがたいほどの惨事が起きていた。
何度も行った宮古や気仙沼の美しい光景が地獄絵のようになった。あとからテレビで繰り返される映像にショックを受けた。

第1報ではM7.9だった。あり得ないと思った。
しばらくしてM8.4に訂正された。それで納得した。
あとでM8.8に訂正された。心底驚愕した。
後日M9.0と発表された。もはや驚かなかった。完全に想像を超え、頭が麻痺してしまった。

地震の最中から停電になり、信号も消えて大渋滞となった車内で、「福島の原発で緊急事態」の一報を聞いた。
ECCS(緊急炉心冷却装置)が作動せず、炉の冷却機能が失われたとの報道に凍りついた。
原発では絶対にあってはならない事象。その後、どんどん悪い事態に進行したことはご承知の通り。
これが終息しないことには落ち着いた日常を取り戻すことはできないだろう。

・・・・・・

今日も午前中はガソリンの確保だけで終わってしまった。
どのスタンドが何時から開店するのか。目下は情報戦のようになっている。
戦いであれば勝者と敗者がいる。
早朝の店は完敗だった。そのあとの店には12台目に並ぶことが出来た。
こんな記事も煽ることになっているのかも知れない。ちょっと反省。




土浦市内、いつもの散歩コースで見た光景である。
これはやや広目の畦道なのだが、中央が50cmほども盛り上がり、地表に断層が現れたようになっている。
左右から地盤が押し合って、盛り上がったのだろうか。震源地でもないのに、こんな現象が見られるとは、今回の地震がいかに凄まじかったがが伺える。


※追記
ここは近くに住宅団地の調整池があるので、この下には雨水管が埋設されていて、それが液状化で浮き上がったのかも知れない。
どちらにしてもすごい事。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア