FC2ブログ

震災18日目

ちょうど1年前は、身延山の桜撮影に出かけていた。
今年は開花が遅く、早咲きで有名な名木もまだ3分咲き程度らしい。
大体1週間程度遅いようだ。

うちの方でもまだ咲くような気配はないが、ふと気が付くとハクモクレンが見頃になっている。
この花が咲くと本格的な春を感じさせてくれる。
気温が上がると、いくらかは心が落ち着くのだが。。。

・・・・・・

昨日は、2号機のタービン建屋の床から、通常の1000万倍の放射性物質が検出されたというニュースに仰天したが、あとで間違いだったことがわかった。

この誤報
「27日午前、2号機のタービン建屋地下にたまっていた水から、1cc当たり29億ベクレルの放射性ヨウ素131が検出された」
を考えて見よう。
1t当りにすると、2900兆ベクレルになる。
タービン建屋地下に溜まっている水が何トンあるかわからないが、仮に100トンとしたら29京ベクレルになる。
ある資料によれば、運転を続けている原子炉1基に存在するヨウ素131の総量は310京ベクレルになるそうである。
いくら何でもその10%に当たる量が溜り水の中に含まれているというのはちょっと考えにくい。
第一、福島第一原発は11日に停止していて、16日以上経過しているので、ヨウ素131の量は1/4以下になっているはずである。ヨウ素131の半減期は8.04日である。

・・・・・・

約8日で半分になるという意味について。

ここに、ひとつのヨウ素131原子があるとして、この原子がいつ崩壊するのかはわからない。
1秒後なのか、100年後なのか、全くわからないのである。
少しに見える量でも、そこに含まれる原子の数は膨大なので、確率的に半分が崩壊する時間はその物質によって決まっている。

ヨウ素131は、原子炉の核分裂に伴って生成される代表的な放射性物質で、半減期約8日でベータ崩壊する。
ベータ崩壊というのが、昔からよくわからなかった。(今でよくもわかっていないが)

アルファ崩壊は比較的わかりやすい。
陽子2つと中性子2つ、要するにヘリウムの原子核が飛び出してくる。
質量数が4つ減り、原子番号が2つ減る。

ベータ崩壊は、原子核から電子が放出される。
原子核に電子があるのか? と考えるのは早計。
実は原子核内の中性子が電子と陽子(と、ニュートリノ)に変化し、その電子が飛び出すのである。
同時に余ったエネルギーがガンマ線となって放出される。(という認識でいいのだろうか)
質量数は変わらず、陽子がひとつ増えるので原子番号は1つ増える。
つまり、ヨウ素131はベータ崩壊してキセノン131になる。
このベータ崩壊には”弱い力”が関わっているらしい。
自然界に存在する4つの力(強い力、弱い力、電磁気力、重力)の中で、素人には一番わかりにくい概念である。

・・・・・・

福島、茨城産の野菜が出荷停止になっている理由としては、対象になっている野菜を標準的な量で1年間摂取した場合に健康被害が想定される量と言うことだが、これはちょっとおかしい。
1年間毎日同量を摂取するということは、放射性ヨウ素が毎日生成され続けていることが前提である。
福島第一はすでに止まっているので、これ以上生成されることはないはずである。
今、各地で観測されているヨウ素131は、原子炉建屋から出た水蒸気などから出たものが空気中の塵について落ちてきたものか、雨となって落ちてきたものだろう。
これは8日で半分になるので、もし基準の2倍以下であれば、8日経てば基準内に収まる。
東京あたりの水道水から検出されている量ならば、数日汲み置きしておけば十分ではないか?

今起きていることは、原子炉内の燃料棒が破損し、そこから大量の放射性物質が冷却水に溶け出して、配管を通して外部に出ているのだろうと思われる。
それを終息させるためには、とにかく原子炉を冷却し続けること以外にはあるまいと思う。


ちょっと乱暴な計算だが、
通常の原子炉にあるヨウ素131の量を300京べクレルとする。(前述の資料)
福島第一の1~4号機の合計は1200京べクレルと仮定する。
半減期8.04日で計算すると、1年で20万ベクレルほどに減少する。
約510日(17ヶ月)で、1ベクレル以下になる。
2年経つと、0.000000005ベクレルになる。

もちろん、楽観できないこともある。
ヨウ素131についてはそれでよいとしても、半減期30年のセシウム137はどうしたらいいのか。
ヨウ素131がベータ崩壊して生成されるキセノン131は、半減期約12日でガンマ崩壊するが、そのガンマ線の危険性については、私は全く知識を持ちあわせていない。

・・・・・・

原子力安全委員会によれば、「汚染水は、一時溶融した燃料と接触した格納容器内の水が何らかの経路で直接流出したと推定される」としている。
格納容器から出ている配管の一部が破損していて。そこから漏れていると考えるのが自然だろう。
原子炉内の核燃料は、かなり破損している可能性がある。
ただ、配管から放射線物質を含む水が漏れたのであれば、沸騰水型の弱点が出たのかも知れない。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア