FC2ブログ

震災21日目

どこもそうだと思うが、町に書店がない。
行きつけだった牛久の”B”や阿見の”B”は数年前に閉店した。
本好きの間では、最後の砦のような書店だった。
ブックオフやアマゾンの存在は有り難いが、それは別の楽しみである。
今や、書店難民と言ってもいい。


書店はないわけではないが、ゲーム屋さんやレンタル屋さんがついでにやっているような店ばかりである。
書店と言えば、今は大規模ショッピングセンターにしかない。
それが今度の震災で、ほとんどの店が閉まっている。

土浦の”A”は、地震後ずっと閉まっていたが、最近ようやく復旧した。
つくばの”I”は、ほとんどの店舗が休業。
同じくつくばの”L”も多くの店が休業。

先日の記事にも書いたが、スーパーやホームセンターなど、多くの店が被害を受けた。
いずれの店舗も、ここ数年の間に出来た大規模店舗ばかりであるが、私は特に驚かない。
「とにかく安ければいい」という風潮の弊害がやっぱりここに来て現れたのだと思う。


これだけ建設業界が不況なのにゼネコンがやって行けるのはなぜか。
それは、下請けを叩けるからである。
どの建設現場でも、実際に仕事をしているのは下請けの零細企業である。
これらの企業は赤字でも受けざるを得ない。なぜならいくらでも受ける企業はいるからである。
仕事がないからと言って、社員に給料を払って遊ばせているわけにはいかない。
仕事はないよりはましなのである。

そういう風潮のもとにデフレが進行して来た。
我々の社会が抱えた病理である。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア