FC2ブログ

妙岐ノ鼻 コジュリン



日時:2005.7.2(土)
場所:茨城県旧桜川村妙岐ノ鼻(浮島湿原)
カワウ
ダイサギ
アオサギ
コアジサシ
ヒバリ
ツバメ
ヒヨドリ
オオセッカ
オオヨシキリ
セッカ
コジュリン
スズメ
ムクドリ
ハシブトガラス
(ドバト)

以上14+1種

夜はブログが余りに重いので、記事は別に作っておいて、朝投稿することにした。
日本第2の湖、霞ヶ浦は国土交通省に言わせると川らしいのである。
正式には西浦という、素っ気ない名前である。
その霞ヶ浦と新利根川が合流するあたりに広がるのが妙岐ノ鼻。
浮島湿原とも呼ばれている。
湿原というと、尾瀬のような高層湿原を思い浮かべてしまうが、要するに湿地帯のようなもので、葦原が広がっている。
浮島というと、昔は湖水浴場があった。
土浦から船で来て、泳いだ記憶がある。
ひところよりは、だいぶ水はきれいになったが、今はさすがに泳ぐ人はいない。
ボードセーリングをする人は多い。

探鳥地としては、特に冬の猛禽類が多いので有名なスポットである。
写真はコジュリン(♂)
一応、珍しい部類に属する鳥。
青森、秋田、千葉、茨城の葦原で非常に局地的に繁殖する。
利根川流域のこのあたりでは、比較的よく見られる鳥。
ホオジロの仲間で、大きさはスズメとほぼ同じ。
ホオジロに比べるとやや単調だが、のんびりとした味わいのある囀りを聞かせる。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア