FC2ブログ

利根川河川敷 オオセッカ


日時:2005.7.4(日)
場所:茨城県神栖町利根川河川敷(小見川大橋附近)
カワウ
ゴイサギ(結構大きな群れ)
アマサギ
ダイサギ
チュウサギ
アオサギ
カルガモ(成鳥とヒナ)
ノスリ
チョウゲンボウ
キジ(♀とヒナ)
コチドリ
コアジサシ
キジバト
ヒバリ
ツバメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
ウグイス(S)
オオセッカ
コヨシキリ
オオヨシキリ
セッカ
カワラヒワ
コジュリン
スズメ
ムクドリ
ハシボソガラス
(ドバト)
(ナゾのタカ)

以上27+1種+ナゾの鳥1種

前回紹介した妙岐ノ鼻は、霞ヶ浦の最下流にあたる。
ここから常陸利根川となり、利根川と合流する。
10キロほどの間、2つの川が近接して流れるが、その島状の部分が広大な葦原になっている。
茨城、千葉の県境に当たり、今日の観察地は一応茨城県側だが、河川敷のグラウンドは千葉県になっている。
オオヨシキリ、セッカなど、葦原の鳥が多い。
コヨシキリ、コジュリンの繁殖地としても貴重だが、ここの名物は何といってもオオセッカである。

今日は、うちの会の第1週探鳥会
8人参加
雨の予報もあったが、うちの会ではほとんど降られたことがない。
雲は多いが、涼しくて快適だった。

わからないタカが1羽出た。
遠かったのと、横からだったので、特徴がよくわからなかった。
冬だったら「チュウヒだろう」というところだが、今の時期なので???
「マダラチュウヒ」なんて、まさか???(例はあるけれど)
やっぱりノスリだったのだろうか。
ノスリの体形とは違うようだったのだが。

写真はオオセッカ
コジュリンと同様、非常に局地的に繁殖する。
この利根川での繁殖の発見は、この世界では大ニュースだったらしい。
これは普通の飛翔で、ディスプレイではない。
いい写真ではないが、貴重な鳥ということでご容赦を。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア