FC2ブログ

どこだかわからないけど、紅葉


今日の写真はどこだかわからないので、昨日のしらびそ高原のことについて。

国道152号線は、信州上田から南下し、大門峠で白樺湖に出て、茅野市、杖突峠、桜で有名な高遠を通って、ほぼまっすぐ浜松に至る。
見どころが多く、通しで走って見たいような道だが、2箇所通じていない場所がある。
静岡、長野の県境「青崩峠」
いかにも難所らしいネーミングだが、その名のとおり崩れやすい地形が災いして、国道が途切れたままになっている。
「ヒョー越林道」という変な名前の林道が迂回路として使われている。
もう1箇所、上村と大鹿村の境にある「地蔵峠」
こちらも蛇洞沢林道という道が迂回路になっている。
以前は全線ダートで、ファンには有名な林道だった。
国道が通じる見込みはないため、幹線道路になっている。
現在は全線舗装されていると思う。

その蛇洞沢林道は単なる迂回路だが、途中から分岐して、しらびそ高原に向かう。

途中にあるしらびそ峠は、南アルプスの絶景が見える展望台である。
この峠は、赤石岳直下につながる赤石林道との分岐だが、この林道は一般車は通れない。
峠には数台文の駐車場がある。
峠から見る風景では日本一とも言われる、知る人ぞ知る穴場である。

ここから少し先には「ハイランドしらびそ」という公共の宿がある。
この先は、南アルプスエコーラインという、名前だけはおしゃれな林道。
標高1800m前後を走り、南アルプスと中央アルプスを眺めながら走れる、ダートだが快適な林道である。
この道は、道路地図にも載っていないことがある。
上村の下栗地区は、日本のチロルとも呼ばれる景勝地で、急傾斜地にへばりつくように民家が建つ。
赤石岳がよく見える展望地。

ところで、
南アルプスは奥深い。
北アルプスでいうと、白馬村から見ると白馬連峰はすぐ目の前である。
飯田から見ると、南アルプス本体の前衛に一段低い山脈があり、さらに2000m前後の山並み、その前面の谷の前にはもう一段低い山並みがある。
南アルプスははるか彼方
飯田を通る国道153号線と南アルプスの間にもう一本の街道があるのは不思議ではない。
それが国道152号線、通称秋葉街道。
この2本の街道は深い山で隔てられていて、交通の難所であった。
大鹿村や上村が陸の孤島、よく言えば特徴のある文化が守られた地域であるのはこんな地形だからだ。
上村の霜月祭り、大鹿村の大鹿歌舞伎などがその好例だ。

飯田から静岡方面に抜ける「三遠南信道」という高速道路計画があって、矢筈トンネルという長大なトンネルが一足先にできている。
飯田市内から、狭い山道をくねくねと行くと、突然巨大な構造物が現れる。
矢筈トンネルに合流するループ状のランプ
「三遠南信道」が完成すれば、そのインターになる予定。
つまり、有料にあるわけだが、今のところ無料で通れる。
これにより、上村は陸の孤島ではなくなったが、飯田市に吸収され、上村自体が消滅した。

大鹿村は合併を拒み、独自の道を歩む。
この村が陸の孤島であることは変わりがない。
絶景の露天風呂がある、赤石温泉。
信州最古の寺で、重要文化財にも指定されている福徳寺。
南アルプスの登山口で、日本一高い三伏峠(さんぷくとうげ)
中央構造線の露頭が見える安康川。
いろいろ見どころの多い村である。

しらびそ峠に行くには、飯田から矢筈トンネル経由で、上村中心部に抜け、蛇洞沢林道で行くのが一般的。
峠に着くといきなり左手に南アルプスの絶景が現れる。
少し紛らわしいのだが、この峠は赤石林道の峠なので、走っている道の最高所ではない。
上り坂の途中だが、峠である。

ここに挙げた道路は、いずれも狭い山道だが、普通車で差し支えない。
新雪の11月や、残雪の4月あたりがいいが、冬季の道路状況についてはよくわからない。

撮影には、午前中逆光なので、ちょっと悩ましいところ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア