FC2ブログ

石薬師の蒲桜


石薬師の蒲桜
三重県鈴鹿市石薬師 地図
2006.4.9

石薬師宿は、東海道五十三次のひとつで、四日市の次の宿場に当たります。
国道1号線を見下ろす小高い丘の上にある石薬師寺は、広重の版画にも描かれた由緒ある寺。
その200mほど先の集落の中に石薬師の蒲桜があります。
蒲の冠者と呼ばれる源範頼が、鞭として使っていた桜の枝を地面に突き刺したところ、根付いたという伝説。
ん? どこかで聞いたような話。
埼玉の北本にある石戸蒲桜にもそんな話が伝わっています。
あちらは「カバザクラ」と言っていますが、こちらは「ガマザクラ」らしい。

赤味を帯びた若葉が花と同時に出ているのは、ヤマザクラの特徴です。
このサクラは、ヤマザクラの変種で、植物学上も貴重な品種らしい。
2株あって、主幹は枯死していますが、ひこばえが株立ちしています。
樹高8m
伝説が事実なら樹齢は800年になるはずだが、さて。

鈴鹿はサーキットで有名ですが、ヤマトタケルが死んだところとも言われていて(亀山という説もある)、歴史のロマンを感じさせるところです。
石薬師寺から1kmほどのところに、佐佐木信綱記念館がありました。歌人、佐佐木信綱が生まれたところだということを初めて知りました。

「ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なるひとひらの雲」 佐佐木信綱

鈴鹿市はサクラの名木が多いところ。
国の天然記念物「白子不断桜」は、うっかり見過ごしました。

次回は鈴鹿市内の2本のシダレザクラ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア