FC2ブログ

飛島探鳥記

5/3 8:45 酒田港出港
4連休の初日とあって、300人乗りの船は満員。
乗客のうち、7割方はバードウォッチャーだろうか。
そこかしこに、どこかで見た顔が。
うねりの影響か、5分ほど遅れ、10:20飛島着。
天気はいいが、風が強い。




飛島はウミネコの繁殖地である。
ここで見られたウミネコはほとんどが成鳥。
セグロカモメなどの大型カモメは皆若鳥だった。

飛島は面積2.7平方キロ
島の東側に集落があり、メインの道路が通る。
西側には車道はないが、海岸線を歩くことはできる。
島の中央部が小高くなっていて畑が多い。背骨のように農道が通る。

10:30
島の南端にある館岩を左手に見ながら農道を歩き始める。
メジロとカワラヒワが多い。
上空にはトビ。
畑に至ると、たくさんのマヒワが現れた。
マミジロタヒバリらしき個体が見られたが確認できず。
そうこうしていると、畑の上にヒバリのような子がいた。
「ヒメコウテンシ」
これは次の日まで同じ場所で楽しませてくれた。

学校のグラウンドで、弁当にする。
オオルリがいるにはいるのだが、メスが多い。
相変わらずマヒワとメジロのオンパレード。
時折、上空にハヤブサが飛ぶ。

農道の終点には緊急ヘリポートがあり、この周辺はいい探鳥ポイントになっている。
ホオアカ、コホオアカ、カシラダカなど、ホオジロ系が多い。
シベリアアオジらしき個体を見ていたら、いきなりアリスイが現れた。
このあとは海岸沿いを歩き、15:00、一旦宿にチェックイン。荷物をデポしてもう一回出かける。

集落がある海岸付近と農道とはいくつもの階段道で結ばれている。
津波の際の避難路にもなっている重要な通路である。
ヒメコウテンシの畑あたりを歩く。
オオルリの美しいオス。
ツグミ類、中でも眼を惹くのはマミチャジナイである。
ムシクイ類もあちこちで見られるが、鳴いてくれないのがつらい。
集落付近に戻ると、あちこちの電線や屋根の上でイソヒヨドリが綺麗な声で囀っている。
港にニュウナイスズメがいた。
不思議な光景だった。

港近くで缶ビールを調達、東屋でウミネコを眺めながら1杯。
夜は早々と寝てしまう。
本当は夜の鳥の声も聞きたかったのだが。。。



マヒワ♂
畑で

5/4
例によって朝は早い。
4:30から鳥見。これでも遅いぐらいである。
昨日の階段道で農道へ。
チゴハヤブサが上空を飛ぶ。
グラウンドにはワイバードのツアー客がいた。
サンショウクイが見られた。

相変わらずムシクイ類はいるのだが、声なし。
センダイとエゾがかろうじて鳴いてくれた。
ミヤマホオジロは♀。
ようやくオオルリの♂が多くなってきた。
港に1羽ワシカモメの第1回冬羽がいたが、シロカモメの姿はなかった。

7:30、宿に戻り朝食
8:00、再び探鳥に出るが、時間が少ないのでレンタサイクルを借りて出かけることにする。
ヘリポートに行く途中、ようやくシロハラホオジロを確認、サンショウクイを何とか撮影。
ヘリポートはこの時間、無人だった。
ホオアカを撮影中、よくわからないヒタキ系の鳥が出現、ノビタキではないし、何だろうと思ったがムギマキの♀と判断した。
しばらくするとヒレンジャクが飛来、ミヤマホオジロの♂が道路上を歩く。
戻る途中、センダイムシクイが楽しませてくれた。

最後に学校の校庭を覗く。
昨日出たと聞いていたヨーロッパビンズイが、チラッとだけだが姿を見せてくれた。

チェックアウトを済ませ、10:30ごろ港へ。
帰りの船は11:00発。
島での滞在はわずか24時間40分。
鳥見に費やした時間は11時間強だった。
飛島に来るバードウォッチャーで、こんなに慌しい日程を組む人は少ないだろう。
私は少ない時間で効率的に見るのが好きなのである。
だから、あまりいい写真は撮れない。
カメラマン諸氏だったら、何時間かけてもヨーロッパビンズイの写真は撮るだろう。




アトリ♀
校庭で

帰りはさほど揺れなかった。
とは言うものの、外洋を走る船からのバードウォッチングは厳しい。
オオミズナギドリだけは容易に確認できる。
ウミネコたちは何が目的なのか、酒田港まで並走して来た。



鳥合わせ
5/3~4
酒田港~航路~飛島
オオミズナギドリ 航路
ハイイロミズナギドリ(?)
カワウ 酒田港
ウミウ
ダイサギ
アオサギ
カルガモ 
ヒドリガモ 酒田港
トビ
ハヤブサ
チゴハヤブサ
タシギ(落鳥)
セグロカモメ
オオセグロカモメ
ワシカモメ
ウミネコ
アジサシ 酒田港内
コアジサシ 酒田港内
キジバト
アマツバメ
アリスイ ヘリポート
アカゲラ
ヒメコウテンシ 畑
ツバメ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
ヨーロッパビンズイ 校庭
ビンズイ
ムネアカタヒバリ(?) 畑付近
サンショウクイ
ヒヨドリ
ヒレンジャク ヘリポート付近
コマドリ(S)
シマゴマ(S?)
ジョウビタキ(C)
ノビタキ(♀)
イソヒヨドリ(♂♀)
マミジロ(S)
クロツグミ(S)
アカハラ
シロハラ
マミチャジナイ
ツグミ
ウグイス
メボソムシクイ
エゾムシクイ
センダイムシクイ
キビタキ
ムギマキ(♀) ヘリポート付近
オオルリ(♂♀)
エナガ
ヒガラ(S)
ヤマガラ
シジュウカラ
メジロ
ホオジロ
シロハラホオジロ グラウンドの近く
ホオアカ ヘリポート
コホオアカ ヘリポート
カシラダカ ヘリポート
ミヤマホオジロ(♂♀) ♂はヘリポート付近
アオジ
シベリアアオジ ヘリポート
アトリ
カワラヒワ
マヒワ
イカル(S)
ニュウナイスズメ 港
スズメ
ムクドリ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
(ドバト)
以上73+1種

他の場所での記録

酒田市内で♂♀
キジ(S)

酒田に行く途中、田麦俣(西川町)で
アオゲラ(S)
ミソサザイ(S)
コルリ(S)
トラツグミ(S)

5/5に裏磐梯高原で
オオジシギ
コゲラ
ヒバリ
イワツバメ
コサメビタキ
ゴジュウカラ
ノジコ
コムクドリ
カケス

トータルで87+1種でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア