FC2ブログ

奥日光探鳥記(5/22)

奥日光探鳥記
2011.5.22

奥日光で5月に探鳥会を計画するのは、今回で6回目である。
1回目と2回目は、赤沼から出発して戦場ヶ原を横断、泉門池(いずみやどいけ)から小田代橋を経由して湯滝に出て、湯ノ湖北岸を半周して湯元までというルートだった。
3回目は、赤沼から泉門池までは前回と同じ。そこから逆方向に小田代を廻って赤沼に戻るルート。
4回目は途中から雨になってしまったので、泉門池から小田代に向かい、バスで赤沼に戻った。結果的には3回目と同じ。
5回目(去年)も早々に雨になってしまったので、小田代橋から光徳入口までショートカットして、赤沼まで戻った。

今回は最初のルートの逆で、湯元から出発して湯ノ湖北岸を廻り、湯滝から湯川添いに小田代橋、泉門池を経由して赤沼までというコース。
7時出発、赤沼には13時ごろ到着予定。約6時間のバードウォッチングという予定だった。
この日は午後から雨の予報だったが、朝のうちは思いの外いい天気だった。
この分なら午前中は大丈夫だろうという感じだったが。。。




湯ノ湖
芽吹きはまだまだの感じ。残雪も多い。
湖面には、マガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、カワウ。
周辺の森にはコルリが多かった。
エゾムシクイも比較的至近距離で観察。
この場所では珍しいルリビタキの囀り。これからもう少し高い場所に移動するのだろうと思う。




湯ノ湖畔のアズマシャクナゲ

湯滝から湯川沿いに歩く。
奥日光の中でも、奥入瀬を思わせる場所で、歩く人も少なく、静かなハイキングが楽しめる場所なのだが。。。

時間は10時過ぎ。
ここで早くも雨になってしまった。
ちょうど小田代橋を渡ったところ。これから戦場ヶ原というところで無念のリタイア。
前回と同様、光徳入口までショートカットして、一旦三本松に戻る。

奥日光に来て、ノビタキもホオアカも見ないで終わるか、という状況だったが、三本松で休憩後、雨が一旦上がったので展望台から観察。ノビタキとホオアカはとりあえず観察出来た。
赤沼に13時ごろ到着。一応時間的には予定通りという感じだった。




竜頭の滝




華厳の滝




華厳の滝をバックにトウゴクミツバツツジ

どうにも奥日光の探鳥会は天気に恵まれない。
来月、もう1回行こうかと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア