FC2ブログ

尾瀬の花(その2)

撮影 2011.6.12

6月上旬の尾瀬はミズバショウを見るにはいいのですが、花の種類はまだまだです。
花を見るなら6月下旬から7月上旬がお薦めです。
7月も中旬以降になるとニッコウキスゲの見頃になるので、また混雑します。
今日は湿原に咲く花から。




■タテヤマリンドウ
リンドウ科リンドウ属
中田代

山ノ鼻から下田代附近には花がほとんどなかった。
中田代あたりに来ると、タテヤマリンドウが散見されるようになった。
湿原の花は、竜宮附近の方が早く咲くようである。

タテヤマリンドウはハルリンドウの高山型で、立山に因む。




■ミツガシワ
リンドウ科ミツガシワ属
竜宮附近

この花も結構大きな群落を作るのだが、この日はまだ少なかった。
雌蘂が短い短柱花と、雌蘂が長い長柱花がある。これは長柱花。




■ショウジョウバカマ
ユリ科ショウジョウバカマ属
竜宮附近

猩々とは中国の伝説上の動物で、酒好きで赤い顔をしているとされる。
オランウータンを指すこともある。
赤いところを見立てたものだが、白い花もある。




■ヒメシャクナゲ
ツツジ科ヒメシャクナゲ属
中田代

これは尾瀬ヶ原を代表する花だが、まだほとんど咲いていない。
この花もまだつぼみで、これから釣鐘型に開いて来る。




■オオバタチツボスミレ
スミレ科スミレ属
竜宮附近

オオタチツボスミレは森林内で普通に見られる。
一字違いのオオバタチツボスミレは、湿原内に咲く大型のスミレ。
紫色で、花弁の全てに線条が入るのが特徴。

手前にはワタスゲの花
ワタスゲの白い穂が見頃になるのは6月の下旬になると思う。
その頃はヤマドリゼンマイの葉が伸び、レンゲツツジの赤が色を添える。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア