FC2ブログ

草津白根山

8/12
草津白根山

深田久弥の日本百名山には、白根山という山が2つある。
区別するために、日光の方は奥白根山、こちらは草津白根山と言っている。
昔、学校で「白根山」という名前で教わった北岳を入れれば3つ。
草津白根山は最高点の標高は2171mだが、突出したピークがなく、広大な山域に多くの峰が点在している。
通常、白根山、本白根山、逢ノ峰の3つを総称して草津白根山というらしい。
火山活動の影響で白根山には登れない。
一般的に登山のターゲットとしては、本白根山の方になる。
ただしこちらにも登山規制があり、最高地点には登山道はない。

この山は、全国に25ある気象庁の常時観測火山のひとつである。
関東周辺では那須、浅間と並び、比較的活発な火山と言える。
近年、大きな災害はないが、附近には火山ガスの噴出箇所が多くあり、火口近くには爆発に備えたシェルターもある。




草津白根山観光の中心には大きな駐車場を備えたターミナルがある。
ここから見える荒涼としたピークが狭義の白根山。
10時を過ぎ、たくさんの観光客でごった返している。




観光客がぞろぞろと登って行く。
10~15分ほどの登りで、火口壁に立つことができる。
標高差は50m程度。




湯釜
蔵王の御釜と並んで、奇観と言っていい。
御釜よりもさらに荒涼とした景観で、立ち入りが許されているのはこの一角だけである。
ph1.0前後という、世界一強酸性の湖である。
水釜、涸釜という別の火口湖もあるようだが、立ち入り禁止のため見ることはできない。




火口壁から本白根山、逢ノ峰の方向を見る。
去年は本白根山に登ったが、コマクサで有名な山である。
右手に弓池が見える。
これは昔の火口湖のひとつ。




ターミナルを出て、草津方面に下る。
殺生河原上部から見た風景。

群馬県側と長野県側を、丸1日行ったり来たりした志賀高原散策を終え、湯ノ丸高原に向かう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア