FC2ブログ

尾瀬の花(その5)

撮影 2011.6.12

尾瀬に限ったことではありませんが、今年は春先が寒かったせいか、花が全般に遅いようでした。
そんなわけで観察できた花の種類はやや少なめでした。
約9時間のハイキングを終え、奥日光へ。




■ミネザクラ
バラ科サクラ属
山ノ鼻

山ノ鼻の休憩ポイントにあるこの木は絶好の被写体になっている。
何しろこの時期に桜が見られるということは、尾瀬はやっぱり寒冷地であるということを感じる。
柄に毛があるものをチシマザクラと言うが、それは確か尾瀬沼あたりにあった。




■オオカメノキ
スイカズラ科ガマズミ属
鳩待峠下

葉を亀の甲羅に見立てて「オオカメノキ」と言う。よく虫に食われるので「ムシカリ」とも。
中央に小さな両性花(まだ咲いていない)が集まり、周囲に装飾花がつく。




■ヤチヤナギ
ハナモモ科ハナモモ属
中田代

あまり目立たないけれど、尾瀬ヶ原にある小低木としては、ナナカマドやレンゲツツジなどとともに代表的な植物である。
ホオアカはヤチヤナギによく止まっている。
ヨーロッパでは、主にイギリス、ドイツ、北欧の湿地に生育し、この植物の実をホップの代わりに使ったビールが知られている。




■チングルマ
バラ科チングルマ属
竜宮

高山植物として特に人気の高い花だが、このような湿地にも生える。
これは草ではなく、小低木なので、小さいけれどの”老木”かも知れない。いつもこの場所で見るのも当然なのである。
竜宮現象が見られる深い池塘の近く。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア