FC2ブログ

那須、紅葉紀行(1)

10/13(土)

本来、この週末は乗鞍から八方尾根へ行くつもりだった。
色々な事情で行けなくなってしまったが、天気もよし、じっとしても居られないので、日帰りでどこかに行こうと考えた。

最近の紅葉は遅い。
この時期でも奥日光や裏磐梯はまだまだである。
志賀高原や尾瀬は日帰り圏内ではない。
とすると、行き先は自ずと決まってくる。

那須

あまり知られていないことだが、関東で最も早い紅葉が見られるのが那須なのである。
もちろん、いわゆる「那須高原」ではない。
目的地は、知る人ぞ知る紅葉の名所

姥ヶ平

・・・・・・

3:30に家を出る。
家から那須までは、色々なルートが考えられるが、大体片道200km
那須湯元の温泉街を通り抜け、有料のボルケーノハイウェイ(7時前は無料)でロープウェイの山麓駅附近に7時ごろに到着した。

那須岳の主峰は、今も活発に噴気を上げる茶臼岳で、標高は1915m
広義に那須岳というとこのピークを指す。
最高峰は茶臼岳ではなく三本槍岳で、標高は1917mである。
信州で言うと車山とほぼ同じ。



ボルケーノハイウェイの途中、那須ホテル近くの展望台から
左に茶臼岳
右にアルペン的な風貌の朝日岳
(これは正午過ぎの撮影です)


今回、ロープウェイを利用するかどうかは未確定だった。
ここの駐車場はとにかく狭いのである。
朝7時とは言っても紅葉の最盛期、ここに停めるのは無理だろうとは思っていた。
その先の峠の茶屋駐車場に停めて、峰の茶屋経由で歩くコースを考えていたのである。
ところが峠の茶屋駐車場まで満車だったのは想定外だった。
結局山麓駅近くまで戻り、路上駐車の列の後尾に停めてロープウェイに乗ることに落ち着いた。



山麓駅前から見る茶臼岳(左)と朝日岳



朝日岳は真っ赤に染まっている。
この山は「那須穂高」あるいは「ニセ穂高」の別名を持っている。



茶臼岳


ロープウェイの始発は7:30
お客が多いので若干早めに出た。(と言っても6分だけ)
しばらく見ない間に架け替えられたらしく、えらく大きなゴンドラに変わっていた。

次回は牛ヶ首までの道
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア