FC2ブログ

チュウサギ@土浦





チュウサギ
コウノトリ目サギ科
体長62cm
撮影 2011.6.28 茨城県土浦市 

サギ類は、複数の種類が一緒にコロニーを作ることがある。これをサギ山と言う。
ここでは6種類のサギが観察出来る。
数えたわけではないが
 アマサギ>ゴイサギ>チュウサギ>コサギ>ダイサギ>アオサギ
という印象で、アオサギはごく少なく、この日も1羽だけしか観察できなかった。

6種類のうち、アマサギとチュウサギが夏鳥。
チュウサギは準絶滅危惧種(NT)に指定されているが、夏の茨城県南ではさほど珍しい鳥ではない。

チュウサギの夏羽は嘴が黒く、冬羽では黄色くなるが、先端は黒いのが普通である。
写真は全て別個体で、夏羽から冬羽まで色々な段階が見られる。
盛夏にはすでに冬羽に換羽している個体が多いので、アマサギの冬羽と間違える人が多い。(アマサギの冬羽は亜麻色がなくなる)
現在、”Wikipedia”のチュウサギの項目に載っている写真もアマサギ冬羽の可能性が高いと思う。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア