FC2ブログ

マムシグサの実


マクシグサ
サトイモ科テンナンショウ属
茨城県牛久市牛久自然観察の森

ミズバショウ、ウラシマソウ、マムシグサはサトイモ科なので、花はよく似ている。
肉穂花序を仏炎苞と呼ばれる葉の一種がくるんでいるような形態が特徴。
仏炎苞から入ったハエなどの虫によって受粉が行われるが、虫はここから出られないので死んでしまう。
虫の犠牲によって結実した実は、日本の植物にはとても見えない。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア