FC2ブログ

紅葉紀行(24)美ヶ原高原

10/28(日)午後3:40ごろ

この日上高地を早めに出て来た理由のひとつは、快晴の条件で乗鞍高原の紅葉を見ることだった。
もうひとつの理由は美ヶ原の展望である。

私の場合、上高地方面から帰るとき、松本からすぐ高速に乗るということはあまりない。
霧ヶ峰か美ヶ原を通って佐久方面に出ることが多く、去年の秋は霧ヶ峰経由だった。
だから、もともと美ヶ原経由のコースは考えてはいた。
前日の雨がアルプスの稜線では雪になり、この日のクリアーな空気は展望を期待させるには十分だった。



松本市内から見た美ヶ原の王ヶ頭(右)。
車内からなので撮影は出来なかったが、北アルプスは白馬までくっきりと見え、南アルプスもはっきりと確認できる。
松本市内からは、あまり経験がない眺望である。

松本の市街地を過ぎ、浅間温泉を通り抜けて美鈴湖に向かう狭い急坂を登る。
美鈴湖からは旧美ヶ原林道。
以前は有料だったが、現在は無料開放されている。
武石峠の手前で右折。この道をまっすぐ行くと駐車場で行き止まり。そこから約30分ほどで王ヶ頭に着く。
この日は王ヶ頭まで行く時間はないので、その手前のポイント。
「思い出の丘」
知る人ぞ知る絶景の場所である。
ここが面白いと思ったのは、槍と常念が重なって見えるということ。



午後は逆光になるのが難点だが、この時間でこの眺望は見事。
左端に穂高連峰(左から奥穂、前穂、涸沢、北穂)、右端は白馬三山。
北アルプスがずらりと見える。



剱岳から白馬三山、妙高方面までを一望する。

出来ればここで夕日を見たかったが、今日は帰らなければならない。
時刻はすでに4時である。
武石峠から武石村に下り、小諸から高速に乗ったころに見事な夕日が見られた。
明日休みだったらと後悔した一瞬だった。


今回で信州編を終了、次回からは京都編。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア