FC2ブログ

ミサゴ




ミサゴ
タカ目タカ科
体長 ♂54cm ♀64cm
撮影 茨城県龍ヶ崎市牛久沼

ミサゴはタカの仲間でも特に翼が長いように感じます。
本当にそうなのかどうか。
翼開長と全長の比で調べてみたらどうでしょうか。
タカの仲間は♂と♀で大きさが異なるので、一応平均値で計算して見ます。
データは「ワシタカ類飛翔ハンドブック」によります。

候補は
ハチクマ ミサゴ トビ オジロワシ オオワシ オオタカ ツミ ハイタカ ノスリ サシバ クマタカ カンムリワシ イヌワシ ハイイロチュウヒ チュウヒ
の15種類で、日本で見られる代表的なタカの種類です。
稀な種類とハヤブサの仲間は除きました。

結果
■1位 ミサゴ 2.69
■2位 トビ 2.51
■3位 オジロワシ 2.46
■4位 オオワシ 2.45
■5位 チュウヒ 2.36
で、直感通りの結果でした。

下位を見ると
■11位 サシバ 2.22
■12位 ハチクマ 2.19
■13位 ツミ 2.02
■14位 クマタカ 1.99
■15位 ハイタカ 1.99
でした。

上位に長時間のソアリングが得意な種類が揃っています。
一方、下位には渡りをする鳥、やや小型の鳥が多いようでもありますが、クマタカは意外でした。
クマタカの翼は長さよりも幅広さが目立つので、そう考えると納得でしょうか。
もちろん、全長には尾羽の長さが影響するので、一概にはわかりません。
しかし、翼のアスペクト比が大きい方が滑空に有利なことは明らかなので、ある種の傾向は感じられました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア