FC2ブログ

紅葉紀行-京都編(7)曼殊院門跡


11/23(金)午前11時ごろ

曼殊院(まんしゅういん)に通じる道は狭い。
すれ違いもままならないところをタクシーが長蛇の列を成す。
徒歩には渋滞がないので楽だと思っていたが、徒歩にも渋滞があることをこのあと思い知らされることになる。

門跡というのは本来は法統の継承者を指す言葉だが、皇族などの高貴な人々によって相承される特定の寺院を指す称号へと変化した。

曼殊院書院は数奇屋の代表的な建築とされる。
細部に渡って凝った意匠だが、数奇屋らしい軽妙さに溢れている。
1656年の創建で、桂離宮と同年代の建築。
この時期、この時間にここから人が途切れたタイミングで撮れたのは奇跡に近いかも。

次回は円山公園

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア