FC2ブログ

12/24の夜明け

12/24 静岡県御前崎

23~24日の静岡は暖かかった。
全国的な傾向なのか、静岡だからなのかはよくわからない。
恐らく両方だろう。
一日で一番冷える夜明け前だがそれほどの寒さではない。
ただ、次第に北風が強くなった。
海岸沿いに三脚を立て、夜明けを待つ。



6:10
東の空が明るんで来る。
漁船の漁火と、金星(?)が一際輝く。



6:20
夜明け30分前
鳥が活動を開始する時間帯。
カモメの仲間、カモの仲間が盛んに飛ぶ。



6:46
上空が赤く輝いて来た。
水平線上に雲があるのかないのか、判然としない。



6:52
水平線に太陽が顔を現した。
この瞬間は格別だ。



6:53



6:54



6:57
太陽面をカモメが通過する。

・・・・・・

今は夜中の0時が一日の始まりだが、昔の人はどう考えたのだろうか。
朝日が昇る瞬間を一日の始まりと考えるのは自然な感覚だと思う。
それが一日の始まりであるならば、同時に一日の終わりでもあるわけだ。

だが、世界には日没を一日の始まりと考えた民族もある。
日没が一日の終わり、すなわち翌日の始まりというわけだ。
ユダヤ教の考え方がそうであって、その流れを汲むクリスマスは12月24日の日没を以って始まる。
それをクリスマス・イブと言う。
だからこの12月24日の日の出を「クリスマス・イブの日の出」というのは正しくない。
クリスマス・イブとは日没から翌朝の日の出までを言うからである。
写真の太陽が西に沈むと、クリスマス・イブの始まりである。
イブはこんな感じで始まった。



東名高速、足柄SAより
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア