FC2ブログ

ホシハジロ

ホシハジロ
カモ目カモ科
体長45cm
撮影 2007.12.29 東京都台東区不忍池

海ガモ類は潜水ガモとも呼ばれます。
マガモ、カルガモ、コガモ等に代表される淡水ガモは、基本的に水面採餌なのであまり潜ることがなく、一方で地上を歩くことが多いので、足が体の中央部(重心附近)にあります。

鳥は飛ぶために体がとても軽く出来ていて、本来潜ることが得意ではありません。
潜水ガモは足で水面を蹴り、反動で水中に潜ります。
そのため彼らの足は、淡水ガモに比べて体の後方についています。
さらにカイツブリやアビ類はもっと足が後方についていて、歩く姿はほとんど見られません。(アビ類は歩くことができないと言われています)
潜ることに特化したペンギンは、足が体の一番後ろにあるために、逆に立ち上がることで歩くことが可能になったと考えられます。

海ガモの中で最もよく見かけるホシハジロですが、そんなわけで歩く姿を見ることは比較的少ないと思います。








関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア