FC2ブログ

変なニュースに突っ込みを入れる

メタボガモ報道に対して色々批判を加えてきました。
報道というのは、得てして言いっぱなしであとのフォローがないので、最近はあまり話題になりません。
間違った知識だけが流布して、そのあとはその「事実」が一人歩きしてしまう。
「UFO騒動」とか「血液型占い」のような例もあり、批判を加える側としては無力感や徒労感だけが残ります。
報道というものを鵜呑みにしてはいけない、むしろ報道する側が特定の人が言うことを鵜呑みにしてしまう傾向があるのだ、ということを今回の騒動で実感しました。

まあそれほど大それた話題ではないのですが、今日「yahooニュース」にこんな記事がありました。
”ポーランドの郵便配達、カタツムリよりも遅いと「実証」”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080125-00000712-reu-ent
[ワルシャワ 24日 ロイター] ポーランドの郵便配達はカタツムリにも劣る遅さであることが「実証」された。IT関連の仕事に従事するMichal Szybalskiさんは、1月3日に速達扱いの手紙を受け取ったが、手紙が投函されたのは昨年12月20日。そこで、配達がどれほど遅いかを検証することにした。
 地元紙によると、Szybalskiさんは手紙が届くまでに要した時間を294時間、自宅と差出人との距離を11.1キロと算出、そこから手紙の届く速さが時速0.03775キロだったと割り出した。一方、カタツムリの「歩行速度」を測ったところ、時速約0.048キロだったという。

ヒマネタとして面白い記事ではありますが。。。
数字に敏感な人には引っかかるところがあるのでは?

実はこの記事の下に「カタツムリの体のしくみ」と題するHPへのリンクがあります。
http://www006.upp.so-net.ne.jp/maimai/htmpage/tukuri3.htm
このHPによれば、カタツムリの速度は時速約5mであると書いてあります。
それが正しければ、カタツムリの歩行速度は時速0.005キロとなり、Szybalskiさんの主張は一桁間違っていることになります。
ちょっと計算して見れば
 時速0.048km=秒速13.3mm=分速800mm
ですから、単純に考えても過大な数字です。カタツムリが1分間に80cmも移動できるとはとても思えません。
 時速0.005km=秒速1.4mm=分速83mm
あたりは妥当な数字でしょう。

こういう数字に関しては、私はすぐにピンと来るのですが、職業柄かも知れませんね。
数字(というか単位)に疎い人はこういうケタの間違いを犯しやすい傾向があります。
ちなみに、この記事では12/20に投函して1/3に届いたことになっていますが、それだと最低でもまる13日=312時間以上はかかっているはずで、294時間の根拠は意味不明です。

要するにかなりいい加減な記事で、普通こんなニュースを流したら笑われると思うのですが。
新聞とか通信社も、もう少し検証して書けばいいのに。(yahooも)
例の「メタボガモ報道」と似たようなことだと思うのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア