FC2ブログ

ミユビシギ&ハマシギ

ミユビシギ
チドリ目シギ科
体長19cm

ハマシギ
チドリ目シギ科
体長21cm

撮影 2008.2.9&16 千葉県船橋市三番瀬

鳥の足は基本的に4本趾で、前3本、後ろ1本が普通です。
後ろが第1趾で、人間で言うと親指に当たりますが、これが退化して3本趾になっているのがミユビシギです。
3本指であることを名前に持っている種類はミユビシギ、ミユビゲラ、ミツユビカモメ。
実はそのほかにミツユビカワセミという鳥がいます。
2006年6月に沖縄で保護されたのが国内初記録。
ミユビとミツユビ、「ツ」が入っている鳥といない鳥と。
こういうのは、初めに名づけた人の特権のようなものでしょうか。
似たような鳥なのに、命名が変わっている鳥というのは他にもあります。
■アメリカヒドリガモではなく「アメリカヒドリ」
■アメリカキアシシギではなく「メリケンキアシシギ」
■ハリモモチュウシャクシギではなく「ハリモモチュウシャク」
ミユビシギは群れで見られることが多く、波打ち際で波と戯れるように忙しく動きながら餌を探すのがとてユーモラスです。


ミユビシギ



ミユビシギ(左)とハマシギ(右)

冬の三番瀬はハマシギが主役ですが、ハマシギは多すぎて、一羽一羽にレンズを向けることは少なくなってしまいます。
多くのハマシギの中に、ミユビシギが少数混じっています。
冬羽はこれと言った特徴がないのですが、ハマシギに比べると褐色味が少なく、翼角の黒い模様が目立ちます。



フラッグ付きのハマシギ
左足にカットされた青と白のフラッグ
右足に金属リング
これはお隣の谷津干潟で放鳥されたもの
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア