FC2ブログ

トラフズク




トラフズク
フクロウ目フクロウ科
体長38cm
撮影 2008.3.6 神奈川県川崎市

バードウォッチャーというのは、基本的に見るだけである。
「見てどうするの?」とはよく聞かれる疑問だが、バードウォッチャーにとっては愚問と言ってよい。
カメラマンはいい写真を撮りたいから、寝ている写真だけでは満足できないだろう。
この鳥の特徴的なオレンジ色の虹彩は撮りたい被写体ではある。
だから多くのカメラマンは長時間粘るのだろう。
だが、小さな児童公園で大勢が三脚を立てて長時間占拠するのは褒められた話ではない。
休日には近隣住民とのトラブルも起きたようだ。

平日のこの日、撮影者は数人だった。
先日まで3羽いたらしいが、この日はすでに1羽だけになっている。
非常に見難い場所にいて、全身が見えるポイントは一箇所だけ。
そこを三脚で占拠したカメラマンは、寝ているトラフズクを起こそうとして、しきりに音を立てていた。
非常に不愉快な光景である。

南側に回り、葉の隙間からピンポイントでわずかに顔が見える場所を探し出したが、かろうじてこんな写真になった。
寝ているので、ほとんど何の写真かわからない。
私は長時間粘るのは苦手なので、30分で切り上げた。

・・・・・・

主に冬鳥として渡来する中型のフクロウ類で、局地的に繁殖するようです。
羽角が長いのが特徴で、これが短いのがコミミズクであると思えば大体合っているかも知れません。
住宅地内の小さな児童公園でこんな鳥が越冬するなんて不思議ですね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア