FC2ブログ

オオセグロカモメ@銚子

オオセグロカモメ
チドリ目カモメ科
体長64cm
撮影 2008.3.9 千葉県銚子市銚子漁港

大型カモメ類の中で、日本で唯一繁殖する種類。
繁殖地は北海道や東北北部で、それ以外の地域では主に冬鳥ですが、銚子では夏にも少数見られます。



第1回冬羽
オオセグロの若鳥はセグロとの違いが微妙です。
この時期になると、オオセグロは特に羽がスレて白っぽくなります。



初列風切が褐色で、白い羽縁が目立ちます。



第2回冬羽になると、背にグレーが出て来ます。
虹彩が黄色くなり、初列が逆に濃くなる傾向はオオセグロ2Wの特徴と言われています。



成鳥冬羽は、セグロと比べると背の色の濃さが際立っています。
日本のカモメでは最も黒い鳥。
この個体はすでにかなり夏羽への換羽が進んでいるようです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア