FC2ブログ

ホウロクシギ@谷津干潟


ホウロクシギ
チドリ目シギ科
体長63cm
撮影 2008.4.12 千葉県習志野市谷津干潟

ダイシャクシギとホウロクシギはよく似ていますが、ダイシャクシギに比べて下面が淡褐色であることが特徴です。
ダイシャクシギよりもやや長い嘴を持つ大型のシギで、日本産シギで最大。
ダイシャクとホウロクは、世界的分布としてはうまく棲み分けていて、ダイシャクがヨーロッパからアジアに広く分布するのに対し、本種はロシア極東部で繁殖し、主としてオセアニアで越冬します。
VU(絶滅危惧種Ⅱ類)

焙烙(ほうろく)とは、比較的低温で焼かれる素焼きの赤い陶器のこと。
この鳥の淡い褐色を見立てたものでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア