FC2ブログ

ムナグロ@佐原




ムナグロ
チドリ目チドリ科
体長24cm
撮影 千葉県旧佐原市

柳田國男は「妖怪談義」という本の中で、九州地方に伝わる伝説を紹介しています。
秋から冬にかけて雨の降る暗い晩に、浜の方から山に向かって、何かの群れが飛んでいき、春になると同じように、山から浜に向かって飛んでいくという話です。
これは河童の渡りだと言われているのですが、正体はムナグロではないかというのが柳田の説です。

柳田は上記の本のあとがきに、中学生の一時期、茨城県の利根町布川というところに住んでいたことがあると書いてあります。
この近くである牛久沼には河童伝説があり、ムナグロがたくさん見られる場所でもあります。
若い日の柳田も、ムナグロを見たのでしょうか。


このあたりは早場米の産地なので、田植えが早く、すでに終わった田んぼも見られます。
田んぼに水が張られると、ムナグロが必ずやって来ます。
この日は、100羽以上のムナグロの他、キョウジョシギ、ハマシギ、チュウシャクシギも見られました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア