FC2ブログ

筑波山で見た花

2008.5.24
筑波山

この時期はあまり花は目立ちませんが、目についた花の写真です。



ニガナ
キク科ニガナ属

全国いたるところに、普通に生える多年草。
頭花は1.5cm程度で、通常5枚の小花がある。
小花の数が多く、直径2cm程度になるハナニガナや、高山に生えるタカネニガナ、クモマニガナ、シロバナクモマニガナの母種とされる。



コウゾリナ
キク科コウゾリナ属

これも全国的に普通に生える多年草。
全体に剛毛が多いところから「顔剃菜」の名がある。
高山型に、カンチコウゾリナやミヤマコウゾリナがある。



オドリコソウ
シソ科オドリコソウ属

花の形を、笠をかぶった踊り子に見立てた巧みな命名だと思う。
春先どこにでもあるヒメオドリコソウに比べると少ない。
MFでは何箇所か群生地があったが、最近は見ない。



ユキザサ
ユリ科ユキザサ属

山地の林に咲く。
筑波山神社からの登山道ではよく見かける花だが、つつじヶ丘からのルートにはあまりなかった。



クリンソウ
サクラソウ科サクラソウ属

山地や、山麓の湿地に咲く。
奥日光の菖蒲ヶ花はこの花の群生地で有名。
筑波山にあるとは知らなかったが、弁慶茶屋跡にあった。
自生かどうかはわからない。



ギボウシの葉
春先、ギボウシとバイケイソウ(有毒)とを間違える中毒事故が毎年ある。
バイケイソウの葉は平行脈なので、葉脈を見れば間違えることはないはず。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア