FC2ブログ

パーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送交響楽団演奏会


2008.6.3(火)
パーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送交響楽団演奏会
ピアノ:エレーヌ・グリモー

3日、フランクフルト放送交響楽団のコンサートを聴きに、サントリーホールに行って来ました。
この日は一日ゆっくり休みを取って、色々見て回ったのですが、結局、一日中雨でした。

サントリーホールにもしばらく来ていない。3年ぶりぐらいかなと思います。
開場時に正面で鳴っていたからくり人形の演奏がなくなっていました。
壊れたのか?
大したことではないのですが、ちょっと楽しみだったりするので。

18:30開場
いつも思うことだけれど、ここのモギリの位置って変ですよね。
ホワイエと通路の間の、狭苦しい場所でやらずに、もっとゆったりホワイエを使えばいいのに。
それもどうでもいい話ですが。


さて今夜の曲目は
■ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
■ブルックナー/交響曲第7番

「皇帝」
ブルックナーの前半にやる曲としては大曲です。
ソリストがグリモーなのだから、これは贅沢ですね。
それでも満員にはなりませんでした。
やっぱり不景気か、ブルックナーが地味だったのかな。今夜(4日)はマーラーの9番だそうだから、そっちの方が人気かも。

定刻よりやや遅れて開始。
グリモーの「皇帝」は去年CDが出ているが聴いていません。
こういうクラシックの王道を行くような曲を、グリモーはどんな風に演奏するのか、とても楽しみでしたが、ちょっとよくわからない演奏でした。
指揮者の方向性と合ってないのではないか、とも思えます。
第3楽章あたりになると、彼女なりの個性が出ているようにも思えましたが、どうでしょうか。


数回のカーテンコールに応えて、ベートーヴェンのピアノソナタ第30番の冒頭を弾き始めたのには驚きました。
第1楽章の前半を4分ほど。
「皇帝」よりよかったのでは?
何か不思議に魅了させられました。
後期ソナタ3曲の演奏を是非聴いてみたいと思いました。

・・・・・・

休憩のあと、メインのブルックナー7
これはもちろん名曲ですが、8番、9番に比べると聴く機会が少ない。(自分としては)
第4楽章がちょっと弱い気がする。
第2楽章は絶品ですね。
第3楽章も結構好きです。9番なんか特にそうですが、ブルックナーのスケルツォは不思議に面白い。

今日の演奏は、大体満足。「大体」というところが微妙ですね。
うまくまとまってはいるのですが、今ひとつ単調だったような印象は否めません。
それと金管にちょっと難あり。
音をはずすと言うより、出だしが汚いし、響きが荒い。気になって集中できない。

・・・・・・

アンコールはステンハンマルという作曲家の作品でカンタータ「歌」から 間奏曲、という珍しいもの。
調べて見ると、1871年生まれのスウェーデンの作曲家。
北欧の作曲家と言うと、フィンランドにシベリウス、ノルウェーのグリーグ、デンマークにニールセン、スウェーデンにはアルヴェーンと言われるが、それに並ぶ存在だとか。
アンコールにはもう1曲用意されていたようだったが、時間が押していたのかこれにて幕。

会場を出たのは21:40過ぎになりました。
ともあれ、生のオーケストラはいいものです。
この次はいつになるでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア