FC2ブログ

国宝薬師寺展(東京国立博物館)

国宝薬師寺展

東京国立博物館で6/8まで行われています。
平日に休みを取ったので、いくつかの展覧会をハシゴしてみようと思いました。
この日(6/3)は火曜日で、しかも朝から雨。
空いてるかな、と思ったのですが9:30の開館時間ですでに20分待ちの列。
お昼前には雨の中、80分待ちになっていました。
土日にはどうなるのでしょう。

何しろ、日光・月光の両菩薩立像(もちろん国宝)が並んで見られるという贅沢な展覧会。
他にも聖観世音菩薩立像(国宝)、吉祥天像(これも国宝)など、名品が目白押しですから、人気があるのも当然ですが、最近は人気の展覧会はゆっくり観覧することが困難になっています。

日光・月光は、想像していたよりも大きな立像でした。
この上もなく美しい菩薩像。
いいものを見せていただきました。



これは本館(1938)です。
渡辺 仁設計
銀座の和光(服部時計店)、GHQが置かれたことで有名な第一生命館で知られる建築家。
いわゆる帝冠様式の代表的建築とされる。
重要文化財



東洋館(1968)
本館に向かって右手に建つ。
谷口吉郎設計
谷口らしい、和風を強く打ち出したデザイン。



表慶館(1900)
本館に向かって左側。
迎賓館で知られる建築家、片山東熊の設計。
重要文化財
この行列は、薬師寺展に行く人の長蛇の列です。



今回のような企画展が行われる平成館(1999)
本館の奥にあり、本館とは繋がっている。
建築的には見るべきものが全くない建築。



平成館と同時期に竣工した、法隆寺宝物館(1999)
旧宝物館が週1回のみの開館だったのを解消するために建てられたもの。
谷口吉生設計。
建築のクオリティは平成館とは比べるべくもない。



この館は奥まっているので見逃す人が多いが、建物も展示物も素晴らしいので見ないと損。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア