FC2ブログ

カルガモ@萱場


カルガモ
カモ目カモ科
体長61cm
撮影 茨城県旧藤代町(現取手市)萱場

普通に国内で繁殖するカモはカルガモだけです。
稲がこんな感じになる時期は、田んぼにカルガモがよく見られます。


マスコミが妙なことを言い出すと、それが一種の伝言ゲームのようになって、とんでもない間違った情報が広まってしまうことがあります。
昨年来話題になったメタボガモ騒動はその典型的なものです。
「不忍池のカモが、エサやりのせいで太りすぎて飛べなくなってるんだって」
という噂を、鳥に全く興味がない人ではなく、日常バードウォッチングを楽しんでいる人たちの口から聞いたときには正直驚きました。

そのキャンペーンの影響で、今年もうひとつの迷信が生まれてしまいました。
「渡りが遅れたカモとカルガモの交雑が進んだ結果、純粋なカルガモが少なくなってしまった」
という噂です。
これもかなり浸透してしまった噂のようですが、このような事実は確認されていません。
前にも書いたことですが、
 カルガモとオナガガモ
 カルガモとハシビロガモ
 カルガモとヒドリガモ
などの雑種は見たことがなく、ウェブ上にも見られません。
唯一珍しくないのは
 カルガモとマガモの雑種(いわゆるマルガモ)
ですが、これもマガモではなく、アイガモと考えたほうが合点がいくものです。
マルガモに関しては私も何度か記事にしているので、ちょっと責任を感じるのですが、少なくとも国内で繁殖するカルガモと、主に外国で繁殖するカモ類との交雑の可能性は、非常に少ないと考えたほうが自然だと思います。

何か声高に言われる事柄は、ちょっと疑ってかかったほうがいいのではないかと。
何にでも言えることですが。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア