FC2ブログ

尾瀬の花(その2)

2008.7.12
群馬県片品村尾瀬ヶ原



■エンレイソウ
ユリ科エンレイソウ属
鳩待峠下

「延齢草」の名の由来はよくわからない。
大きな葉が3枚輪生し、その中央にひとつの花をつける。
褐色に見えるのは蕚で、花弁はないものも多いらしいが、この写真ではまだ開いていない。
白い花が咲く、ミヤマエンレイソウというのもあるが見たことがない。




■ヤマオダマキ
キンポウゲ科オダマキ属
尾瀬ヶ原上田代

高山の礫地で鮮やかな青色に咲くミヤマオダマキは、いわゆる高嶺の花であり、簡単に見られるものではない。
ミヤマオダマキを改良したオダマキは園芸植物として人気があるので、多くの人は青いオダマキは見慣れているだろうと思う。
亜高山帯に咲くヤマオダマキは、やや地味な色合いだが、私はもっと地味なキバナノヤマオダマキが好み。




■オゼタイゲキ
トウダイグサ科トウダイグサ属
尾瀬ヶ原下田代、竜宮十字路附近

オゼの名を冠した植物は多いが、尾瀬でしか見られない花はこれだけらしい。
尾瀬には似た仲間のナツトウダイがある。
オゼタイゲキの葉は黄色っぽくノウルシの色に似ている。
苞葉が3枚なのがオゼタイゲキ、2枚なのがナツトウダイ。
ハクサンタイゲキというのもあり、八方尾根あたりではよく見られる。
これとの区別はよくわからない。




■クロバナロウゲ
バラ科クロバナロウゲ属(キジムシロ属とする図鑑もある)
尾瀬ヶ原下田代、竜宮十字路附近

本州中部以北や北海道の湿原に咲く花だが、数は多くない。
漢字では「黒花狼牙」で、蕚片の先端が鋭いことからの命名。
竜宮十字路附近の木道沿いに群落があるが、花期が短くて地味なので見逃しやすい。
奥日光の一部にはあるらしいが見たことはない。
長野県でも栂池にだけあるという珍しい花である。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア