FC2ブログ

尾瀬の花(その4) ニッコウキスゲ





2008.7.12(土)

■ニッコウキスゲ
ユリ科ワスレグサ属
尾瀬ヶ原中田代

夏の高原を彩る花として、これほど有名な花はない。
正式(?)には「ゼンテイカ」と言う。
「禅庭花」とは、ニッコウキスゲの名前の由来になっている日光の霧降高原を禅寺の庭に例えたものらしいが、よくわからない。
この花の名所としては、尾瀬と霧降高原のほか、福島県の雄国沼や長野県の車山高原が夙に有名。
ただし、見事な咲き具合が見られるのはやっぱり数年に1回程度である。
自分としては、1995年の車山が忘れられない。
ブログ仲間の写真で見せていただいた2005年の雄国沼はとりわけ見事だった。

尾瀬の中田代は、ミズバショウとニッコウキスゲが同じところに咲く。
群落を撮るのもよし。
形のいい1本、バックがいい1本を探して歩くのも一興。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア