FC2ブログ

立山の花(その2)

立山の花(その2)
2008.7.27



イワギキョウ
キキョウ科ホタルブクロ属
ミクリガ池

イワギキョウとチシマギキョウはよく似ている。
チシマギチョウは全体に毛があり、やや下向きに咲く。
イワギキョウは毛がなく、横向きに咲く。
ここはミクリガ池の斜面で、この場所ではよく見る花である。




ミヤマタンポポ
キク科タンポポ属
室堂ターミナル附近

高山型のタンポポで、主に北アルプスの高山で見られる。
総苞片はカントウタンポポなどと同様、反り返らない。
ミヤマタンポポの変種とされるシロウマタンポポはよく似ているが、総苞片が茶褐色に染まるのが特徴らしい。

バックに見えるのはカヤツリグサ科のアシボソスゲかも知れないが、この仲間は難しいのでよくわからない。




ヨツバシオガマ
ゴマノハグサ科シオガマギク属
室堂平

塩竈というのは、言うまでもなく海水を煮て塩を作る釜のこと。
それが花の名前になる理由は
 シオガマギクは花も良いが葉まで良い。
 ハマで良い(浜で良い)のは塩竈
という、なぞなぞのような命名である。
命名の通り、葉も鑑賞に値する花である。




コケモモ
ツツジ科スノキ属
雷鳥荘附近

山に行くと、コケモモのジュースとかコケモモのジャムをよく売っている。
これはブルーベリーに近い種類らしく、ネットで検索すると、広く栽培されているらしい。(そうでもなければ商品になるわけがない)
園芸をやる人にはお馴染みの花なのかもしれないが、私にとってはやっぱり高山で見たい花のひとつである。

なお、この写真に写っている細い葉はツガザクラである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア