FC2ブログ

立山の花(その6)

立山の花
撮影 2008.7.27



タテヤマリンドウ
リンドウ科リンドウ属
雷鳥荘前

ハルリンドウの高山型とされていて、普通は青いものが多い。
「本場」のタテヤマリンドウはこんな感じで白っぽい。
シロバナタテヤマリンドウという名称もあるようだ。
尾瀬では6月の花で、7月の尾瀬では花が終わったあとのものが多く見られた。




カンチコウゾリナ
キク科コウゾリナ属
雷鳥荘附近

高山に生えるコウゾリナの仲間にはカンチコウゾリナとミヤマコウゾリナの2種類があって、同じような環境にあり、互いに似ていて区別が難しい。
カンチコウゾリナの方が全体に大きく、茎に密生する毛が黒い。葉先は尖る。




ミヤマコウゾリナ
キク科ミヤマコウゾリナ属
雷鳥荘附近

こちらはミヤマコウゾリナ属という、別の分類になる。
ミヤマコウゾリナは、茎に密生する毛は白く、葉の先は丸い。




クロトウヒレン(つぼみ?)
キク科トウヒレン属
ミクリガ池

これは蕾なのか、花が終わったあとなのかちょっと迷ったが、恐らく蕾だと思う。
蕾だとすると、これからアザミに似た紫色の筒状花が出てくるだろう。
アザミもトウヒレンも筒状花から成るが、先端が5裂していて、雌蕊が2裂しているところまで同じ。
アザミは2裂している雌蕊がまっすぐで、トウヒレンは曲がっているらしい。
とても細かい識別が必要なので、次に見る機会があれば拡大して見たい。

いくらか花が咲いた様子はTB先をご覧ください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア