FC2ブログ

霧ヶ峰の花

撮影 2008.8.10

霧ヶ峰は標高1700m前後の溶岩台地で、やや湿り気のある草原が広がっている。
高山ではないので、「高原の植物」と言った趣の花たちである。




ヨツバヒヨドリ
キク科ヒヨドリバナ属
蛙原(げえろっぱら)

ヨツバヒヨドリ、ヒヨドリバナ、フジバカマはよく似ている。
ヨツバヒヨドリは葉が4枚輪生することで区別できる。
高原では、夏から秋にかけてよく見られる花で、アサギマダラがよく蜜を吸いに来る。




コオニユリ
ユリ科ユリ属
蛙原

「小さな鬼百合」の意味。
オニユリは低地でよく見られるが、コオニユリは代表的な高原の花である。
見分け方は、ムカゴが付くのがオニユリで、付かないのがコオニユリ。




コウリンカ
キク科キオン属
蛙原

花の形から「光輪花」と呼ばれる。
そんなに多くない花で、霧ヶ峰名物と言ってもいいかも知れない。




マツムシソウ
マツムシソウ科マツムシソウ属
車山肩

ニッコウキスゲの大群落地も、1ヶ月後にはマツムシソウの大群落になる。
高山に咲くタカネマツムシソウとの区別は難しいが、マツムシソウの方が背が高く、花は小さいとされる。
この標高ではマツムシソウだと思われる。




シシウド
セリ科シシウド属
車山肩

こういう風景こそ、まさに霧ヶ峰だと思う。
この花にも、高山型のミヤマシシウドというのがある。
セリ科は難しく、これと似た大型のセリにオオカサモチがあるが、そちらは枝分かれしない。




エゾカワラナデシコ
ナデシコ科ナデシコ属
車山肩

カワラナデシコを見ると、まさに造化の妙としか思えない。
この花にも高山型のタカネナデシコ、低地に生えるカワラナデシコがある。
エゾタカネマデシコというのもあってややこしい。
本種エゾカワラナデシコは、タカネナデシコと同様、苞が2対しかないという特徴があるので、本来は苞を見なければいけないのである。
どうしても花ばかりに目が行ってしまうのだが。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア