FC2ブログ

シベリアオオハシシギ@東京

シベリアオオハシシギ(幼羽)
チドリ目シギ科
体長35cm
撮影 2008.8.24 東京都

稀な旅鳥。
17日に入ったと言われるシベリアオオハシシギを見て来ました。
距離的に厳しい条件ですが、とりあえず証拠写真ということで。




オオハシシギに比べると明らかに足が長いのでスマートに見えます。
姿勢によっては、首も長い感じに見えました。
体型を見るとオオハシシギよりもオグロシギの方に近い感じ。




頭の形がちょっと独特。
嘴の先端が微妙にカーブしているようです。
これもオオハシシギとは違う印象。
隣はオオソリハシシギです。




「シギ・チドリ類ハンドブック」(氏原著)にも、上面の羽が細長くて笹の葉状、とあります。
ここだけ見るとエリマキシギ風かな、と個人的に思いました。
以前見た(?)時にも、エリマキみたいで嘴が長いシギだと思いました。
もっとも、それが本種だったのかどうかは定かではありません。




羽を広げたところ。
翼の下面が白いのもオオハシシギとは異なるようです。




さて、ちょっと場所を変えてみましたが、やっぱりうまくいきませんでした。
さて、シベリアオオハシシギはどこにいるのでしょうか。
また、ここに写っている鳥は何種類?

まあ、この写りでは判別不能ですが。


シベリアオオハシシギは右下のカルガモの背中から顔を覗かせています。
カワウは簡単ですが、カルガモは7羽。
実は中央左で顔を隠しているのは、カルガモではなくマガモです。(♂エクリプス)
右の方にはオオソリハシシギとオグロシギ。(この写真ではよくわかりません)
小さいのは全部ソリハシシギだと思います。(多分)

このほか、コチドリ、アオアシシギ、キアシシギ、コサギが見られました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア