FC2ブログ

北横岳の花

2008.8.10



ゴゼンタチバナ
ミズキ科ゴゼンタチバナ属

ハイマツやナナカマドの下に、控えめに咲いていることが多い花。
これは珍しく日当たりがいい場所に咲いていた。
葉は4枚か6枚輪生し、6枚のところに花がつく。




マルバノイチヤクソウ
イチヤクソウ科イチヤクソウ属

実はベニバナイチヤクソウを見たことがない。
時期が合わないのかも知れない。
以前、白樺峠でたくさんあるのを見たが、葉だけ。
意外にたくさんあるのかも知れないと思った。

これを見たとき、赤味を帯びていたのでベニバナイチヤクソウだと思ったが、やっぱりちょっと違ったようだ。




ヤマハハコ
キク科ヤマハハコ属

山地から高山帯の、日当たりのいい場所でよく見る花。
高山のものほど背が低い。
「真珠のような」という意味の学名を持つ。




ヤナギラン
アカバナ科アカバナ属

ヤナギランの群落では美ヶ原、八島ヶ原などが有名である。
この花は日当たりがいい草原でしか生きられないので、山火事のあとなどに真っ先に群落を作る花として知られている。
英語名もFireweedと言う。
花期が終わると、白い綿毛となって飛ぶ。




ハクサンフウロ
フウロソウ科フウロソウ属

高山の草地では常連の花である。
やや低いところに生えるゲンノショウコは同じ仲間だが、葉の形が違う。
ハクサンフウロは秋の紅葉も見もの。




コマクサ(栽培)
ケシ科コマクサ属

高山植物の女王と呼ばれるコマクサだが、その理由は2つある。
他の植物と一緒に咲くことが少なく、孤高の印象が強いことと、その小ささにある。
実際には綺麗な個体を見つけることが難しい。
時期をはずすとピンク色の花弁が茶色く萎れてしまうから。

これは自然のものではなく、坪庭で栽培されているもの。
この花は草津白根山の群落が有名である。
燕岳の群落は間違いなく日本一だと思うが、あれも栽培だそうだ。




キバナノヤマオダマキ
キンポウゲ科オダマキ属

ヤマオダマキは紫色味が強い花で、高山に咲くミヤマオダマキは鮮やかな青が印象的。
キバナノヤマオダマキは地味だが、とても清楚な印象を与える花である。
これは種名ではなく、図鑑にも「ヤマオダマキ(キバナノヤマオダマキ型)」というような表現で書いてある。
鳥で言う、亜種のようなものか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア