FC2ブログ

エナガ@乙戸沼






エナガ
スズメ目エナガ科
体長14cm
撮影 2008.9.27 茨城県土浦市乙戸沼

秋から冬の公園や雑木林を歩く楽しみのひとつに、混群と出会うことがあります。
混群というのは、異なる種類の鳥が集団で行動するもので、繁殖期を終えた秋から冬にかけて普通に見られます。
異なる種類の鳥が混群を形成する理由は、多くで餌を探すほうが効率がよいことと、捕食者の存在を発見しやすいからと言われています。
強力な武器を持たない小鳥たちが集団になることで、危険を回避しようとするのでしょう。

混群を形成するのは、主にエナガ、シジュウカラ、メジロ、コゲラです。
場所によってはヒガラ、コガラ、ヤマガラ、ゴジュウカラが入るかも知れません。
キバシリが入ることもあるようです。

エナガは混群の先頭に立つことが多く、「ジュルッ」という独特の声が混群の飛来を教えてくれます。
我が家では「混群隊長」と呼んでいます。

混群に出会うのは、バードウォッチャーにとっても至福のひとときです。
餌を探すのに懸命で、あまり警戒感のない小鳥たちに取り囲まれると、さながら自分も混群の仲間に入ったかのような錯覚に陥ります。

今日は久しぶりに大きな混群に出会いました。
10分以上、その群れを追いましたが、カメラが向くのはやっぱりエナガです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア