FC2ブログ

土浦全国花火競技大会(その6)

創造花火の部


これは新作の創作花火部門。
5号玉7発で競う。

創造花火で一番大事なのはオリジナリティと斬新さだと思う。
素人には優劣がわかりにくい部門である。
見た目に面白くても技術的にどうかわからないし、地味に見えてもプロが見れば独創性が隠れているかも知れないから。
やっぱり審査は”専門家だけ”でやってほしいものだと思う。

写真に撮るのも難しい分野なので、うまく伝わらないのがもどかしいところもある。
写真向きでない作品もあるので、そのあたりはご容赦願いたい。




7番 土星新発見 菅野煙火店(福島)
本物の月と組み合わせてみた。




8番 紫陽花 金沢煙火工場(茨城)




16番 本日の目玉!! アルプス煙火工業(長野)




25番 惑星 高田花火工業(福岡)




34番 レインボーローズの花 田畑煙火(静岡)
最近の花火は、色彩がとても豊かだ。




35番 今が食べ頃 次郎柿 静玉屋(静岡)
こういうのは説明不要。




45番 しだれ桜 茨城火工(茨城)
引先が点滅していることに注目。
これは写真向き。




56番 篤姫のかんざし 六葉煙火(鹿児島)
これは鹿児島の作家ならではの、時宜を得た作品。
形も綺麗だと思う。


ここから入賞作品



1等(4位に当る)及び特別賞
57番 おっぱいがいっぱい 芳賀火工(宮城)
一番笑いを取った作品。
写真としてはまるでダメ。
創造花火は7発なので、初めの3発ぐらいでその特徴を見極めて撮影しなければいけないと思った。




特等(3位に当る)
90番 未知の惑星 信州煙火工業(長野)
過去に優勝経験もある有力作家。
面白い形が出た作品と思う。




準優勝
88番 マジックスター~時間差発光の星たち~ 小松煙火工業(秋田)
去年も意欲的な作品で、その筋には好評だった。
写真で見ると割物が失敗したように見えてしまうが、時間差で星に点火するという凝った作品。
写真ではなかなか伝わらない作品の一例。




優勝
89番 ブタもおだてりゃ木に登る 北日本花火興業(秋田)
毎年この手の作品で優勝をさらう北日本さん。
これも写真としては失敗で、シャッターを開けるタイミングが全然なっていない。
ブタの顔に見えないと思うが、実際には見事に出ていた。
この作家の型物はすでに定評のあるところだが、開く方向が間違いないところが凄い。
玉の中にジャイロを仕込んでいるのではないか、とまで言われている。


さて、失敗だらけの創造花火写真に続いて、次回からスターマインの部
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア