FC2ブログ

航路探鳥(その1)

11/14(金)

この夜から一風変わった旅に出た。
同様の記事は去年も書いているので、ご記憶の方もいらっしゃるかも知れない。
初めての方は、きっと驚くやらあきれるやらの内容に違いない。




22:30、大洗港のフェリーターミナルに集合する。
乗るのは「さんふらわあ・しれとこ」
総トン数11410トン、全長190m。
深夜1:45発、苫小牧港には19:45の到着予定、18時間の船旅である。

・・・・・・

11/15(土)
早朝6:00ごろからデッキで探鳥。
とりあえず右舷に出て見る。
思ったほど寒くはなく、快適な航路探鳥になりそうだ。




6:13ごろ太平洋から日が昇る。
福島県沖である。

7時過ぎ、金華山沖を通過。
このあたりから最初のピークになる。
オオミズナギドリはこのあたりの海域に多い。
トウゾクカモメ、フルマカモメが断続的に飛ぶ。
コアホウドリが出始めたの思ったら、そのうち物凄い数が出始めた。
コアホウドリ数十羽の群れなど、想像もしていなかった。
クロアシアホウドリも数個体確認できたが、思った通りアホウドリは出ない。
ただ、亜成鳥1羽を見たという人がいた。







昼前、宮古沖。
本州最東端あたり。
この時間帯は、あまり鳥が出ない。

14:00ごろ、下北半島沖。
北に行くに従ってハシボソミズナギドリ、ミツユビカモメが多くなり、2回目のピークになった。
信じられないほどのコアホウドリがわらわらと飛んでいる。
ミツユビカモメ、ハシボソミズナギドリの大群。
唖然とするような乱舞が見られた。




11月中旬、日没は早い。
16:30ごろ撤収、この日の探鳥を終えた。
部屋に戻り、写真の確認。
ボツ写真を削除して、250カット程度残った。

19:45、予定通り苫小牧港に接岸。
苫小牧は雨だった。これも去年と同じ。
今回は港のレストランで食事にしたので、港の外には出なかった。







ターミナルの前、一応北海道の「大地」に降り立つ。


これだけで20:00には再度集合。
鳥合わせのあと、20:30には再び船に乗り込む。
つまり、乗って来た船でとんぼ帰りなのである。
帰りは深夜1:30発、大洗到着は同じく19:45の予定。
潮の影響だろうか、微妙に15分ほど余計にかかる。
明日は曇りベースで、雨も予想される。
ウミスズメ類を見ていないし、この日見たという人もいたミナミオナガを内心期待して床についた。(いや、それはウソで、夜中まで飲んでいて顰蹙を買ったかも知れない)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア