FC2ブログ

ムラサキサギ

ムラサキサギ
コウノトリ目サギ科
体長79cm
撮影 2008.11.21

発端は苫小牧から帰る船上での雑談だった。
ムラサキサギ? 一瞬耳を疑った。関東で? それは沖縄の鳥のはずだ。
群馬県から参加された方の口から、バードウォッチングポイントとしてはややマニアックな地名が出てきた。
地元のバーダーとしてはお馴染みの場所。
ポイントとしては探しやすいと思った。

■月曜日
一応、場所だけ確認してみた。
5~6台の車が止まっていたのですぐわかった。
1時間に1回ぐらいしか出ないとのことなので、場所の確認だけと思っていたが、あっさり飛翔姿が見られた。
ただし遠い上に数秒だけ。
これは難物だと思った。

■火曜日
このごろの夜明けは6:20ごろである。
現地には6:30ごろ到着。
出勤前の探鳥なので、多くの時間は割けない。
この日は運良く7:00に1回目、7:45に2回目の飛翔。
距離はまずまずだったが、いずれも数秒で、撮影できず。

■水曜日
この朝から無茶苦茶寒くなった。
先週の北海道航路よりも寒い。
6:30に現地に行くと、仲間のTさん夫婦が来ていた。
私は7:30に撤収したが、8:00前に出たらしい。
割と長い時間飛んでくれたとのことで、明日に期待。

■木曜日
連日の6:30到着。
先客が1台あったが、何と船上で情報を頂いた方だった。
7:30まで一緒に待つがその時間帯には現れず。
そこでお別れした。
夜、別の仲間からメールがあって昼ごろ見られたという。
まだいることはわかったので、明日に期待。

■金曜日
日課のように6:30到着。
今日は8:30まで余裕がある。
寒いので車の中で待っていると、居合わせた人が「出てますよ」と教えてくれた。
葦原から飛び立ってはすぐ降りる、というシーンばかり想像していたので、見えるところでの立ち姿は想定外だったのだ。
動かないのでデジスコで狙ってみたが、数カットで飛ばれてしまい、一眼では間に合わなかった。
どうにもタイミングが悪い。
時間がないので、これで撤収。










・・・・・・

昔、ムラサキサギがトカゲを咥えている写真を雑誌で見たことがあります。
南方にはとても綺麗な鳥がいるものだと思いましたが、写真の主題はそのトカゲの方にありました。
サギの餌になったトカゲ(恐らくキシノウエトカゲ)は天然記念物であって、大変稀少な生物だったわけです。
それに対しムラサキサギは、その場所「八重山諸島」では普通に見られる鳥というわけ。
関東で見られたとなると話は別で、詳細は不明ですがかなり稀れな記録だと思います。

アオサギよりもやや小さいのですが、長い首をダラーンと下げた状態で飛ぶのが特徴的です。
ちょっと長い距離を飛ぶ場合は、普通のサギと同様、首を曲げて飛びます。

全体的に色が淡く、幼鳥と思われます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア