FC2ブログ

オジロトウネン@多々良沼



オジロトウネン
チドリ目シギ科
体長14.5cm
撮影 2008.11.29 群馬県館林市多々良沼

真木図鑑では
トウネン 15cm
オジロトウネン 14.5cm
ヨーロッパトウネン 14cm

氏原図鑑では
トウネン 13~16cm
オジロトウネン 13~15cm
ヨーロッパトウネン 12~14cm

いずれも微妙な数字ですが、大きさの順番はこの通り、という意味が込められているような気がします。
(前にも書きましたが、当ブログでは一応真木図鑑の数字を踏襲しています)


小春日和の一日、多々良沼に突き出た弁天堂の周りを歩いていると、一人のカメラマンの方が「トウネンがいますよ」と教えてくれました。
ここから見ると逆光でとても見難いのですが、小さな鳥が4羽いるのがわかりました。
見るとトウネンではなくオジロトウネンでした。
先のかたが間違えたのか、オジロを省略したのかはわかりません。
この沼では冬季よく見られるらしいということは、ここをフィールドにされている方のブログで紹介されていました。
私のフィールドでは秋の渡り時期に少数見られますが、今年は見られませんでした。
トウネンも少なかったので、無理からぬことだとは思っていました。

オジロトウネンの特徴をあえて言うと、「地味で特徴がないこと」でしょうか。
トウネンとの違いは「足が黒くないこと」です。
初列よりも尾羽が”やや”突出しているトウネンに比べ、”かなり”突出しているのがオジロトウネン。
”かなり”と言ってもこの写真で見える程度ですが。。。

背が一様に灰褐色で、羽軸が目立たないので成鳥冬羽と思われます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア