FC2ブログ

フルマカモメ@大洗苫小牧航路



フルマカモメ
ミズナギドリ目ミズナギドリ科
体長49cm
撮影 2008.11.15 大洗苫小牧航路

「お奉行様にお尋ねします。一から十まで”つ”は皆揃っているのでしょうか。」
「一から十まで”つ”は皆揃うておる。」
「でも、”とつ”とは申しません。」
「奉行の申すことに間違いはない。誰か”つ”を盗んでおるものがあろう。わからんければ教えてつかわす。ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつと申すであろう。いつつの”つ”をひとつ取って十につければ”つ”は皆揃うておる。」
「恐れ入りましてござります。」
これは「佐々木政談」あるいは「佐々木裁き」の中に出てくる話。
円生や志ん朝は佐々木信濃守で演じているが、三代目金馬は大岡越前守に変えて「池田大助」という演目に仕立てている。

これに着想を得て、このたび「カモメ裁き」が行われた。
「お奉行様にお尋ねします。カモメの仲間は全部カモメと名乗っているのでしょうか。」
「カモメの仲間は皆カモメと名乗っておる。」
「でも、ウミネコカモメとは申しません。」
「奉行の申すことに間違いはない。誰かカモメの名前を盗んでおるものがあろう。わからんければ教えてつかわす。ミズナギドリ科にフルマカモメというものがあろう。フルマカモメのカモメを取ってウミネコにつければカモメは皆カモメを名乗ることになる。」
「恐れ入りましてござります。」


フルマカモメは学名を”Fulmarus glacialis”。英名を”Northern Fulmar”と言います。
フルマの意味がちょっとわからないのが難点ですが、ミズナギドリの仲間の中では、ずんぐりした体型がカモメに似ていることから、カモメの名を冠しているのだと思います。

暗色型、淡色型、白色型など、色の変異が多いのですが、日本近海では暗色型が多く見られます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア