FC2ブログ

マガン&シジュウカラガン

マガン
カモ目カモ科
体長72cm

シジュウカラガン
カモ目カモ科
体長 マガンよりもやや小さい

撮影 2008.12.20 群馬県



シジュウカラガンはカナダガンの1亜種で、数少ない冬鳥。
喉から頬が白く、首の付け根に白い首輪があるのが特徴です。
シジュウカラガンという不思議な名前は、この特徴的な白い頬を見て、「シジュウカラのようなガン」と表現したものと考えられます。

なお、河口湖などではこれによく似た大型のガンが見られますが、それはカナダガンの別の亜種で、飼い鳥が野生化したものと言われています。




この群馬県内の池では、マガンとシジュウカラガン1羽ずつが見られます。
いつも一緒に行動しているようです。

マガンは主に宮城県で8万羽ほど越冬していますが、関東に来るのはごく少数です。
先日も栃木県内で成鳥1羽が見られましたが、ここにいるマガンは幼鳥です。
幼鳥は嘴基部の白色部分が小さく、腹の黒斑も見られません。




池で一番多いのはオオバン。
扇の要にオオバンが入って、三役揃い踏み。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア