FC2ブログ

コクガン@湖北

コクガン
カモ目カモ科
体長61cm
撮影 2008.12.22 滋賀県湖北町

今回琵琶湖に行った目的の第2はオオワシ、第3はコクガンでした。
第1は何かというと、「何でもいいからたくさん見たい」です。
やっぱりあるフィールドで一日探鳥をする場合には、ある程度数も大事ですから。

コクガンはまれに見られるガンで、関東でも不定期に記録があります。
このガンには他にない特徴があって、主に海岸で見られるということです。
ですから、あまり内陸には入りません。
この場所は琵琶湖の最北にあたり、日本海からは遠くないのですが、コクガンが飛来する場所としては異例だと思います。


午前中野鳥センターで聞くと、今のところセンター前には来ていないと言います。
オオヒシクイやコハクチョウがいそうな田んぼの情報を聞いてそちらに出かけました。
地理不案内でなかなか探せず、しばらく湖岸を巡ったのち、午後センター隣の道の駅附近でようやくコクガンを見つけました。



周りにいるのはオオヒシクイ



隣はマガン

一見して嘴から首までが真っ黒ですが、コクガンには白い首輪があると思っていたので意外でした。
白い羽縁が目立つ幼鳥のようです。
幼鳥には首輪がない個体もいるらしいのですが、比較的珍しい個体かも知れません。
コクガンという名前にはむしろふさわしいようにも見え、これは意外にラッキーだったのかも。


ガン類3種が一度に見られる贅沢な光景でした。
1週間前にはこれにサカツラガンがいたというのですから驚愕の光景だったはず。
実はそれで琵琶湖に来る気になったのですが、残念ながらサカツラガンは14日を最後に姿を消したようです。
そのことはわかった上で来たのですが、「あわよくば」という気持ちは無きにしもあらずでした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア